MENU
カテゴリー
おすすめサービス

【2023-24】トッテナムFCのフォーメーション・スタメン・選手メンバーを詳しく解説!

トッテナムFCは、一昔前までプレミアリーグの中堅クラブでしたが、今ではBIG6としてトップ4の常連、チャンピオンズリーグでも準優勝するなど強豪チームへ成長しています。

チェルシーやマンチェスター・シティのように莫大な補強資金で有名選手を補強してきたわけではありませんが、新キャプテンのソン・フンミンを筆頭に強さを維持しています。

そこで今回は、強さの秘訣を解剖すべくトッテナムFCのフォーメーション・スタメン・選手メンバーについて詳しく解説していきます。

それでは見ていきましょう!

トッテナム・ホットスパーfc(Tottenham Hotspur Fc)
¥3,100 (2024/04/11 17:51時点 | Amazon調べ)
目次

トッテナムFCとは

概要内容
クラブ名トッテナム・ホットスパー・フットボール・クラブ
設立年1882年
ホームタウンロンドン
スタジアムトッテナム・ホットスパー・スタジアム
収容人数62,062人
クラブの愛称スパーズ(Spurs)
監督アンジェ・ポステコグルー
メインスポンサーAIA(アジアの保険会社)
Nike(スポーツメーカー)
コカ・コーラ(炭酸飲料)
モンスター(エナジードリンク)
国内獲得タイトルフットボールリーグ : 2回
FAカップ:8回
EFLカップ:4回
コミュニティーシールド:4回
国際獲得タイトルUEFAカップウィナーズカップ:1回
UEFAカップ:2回
平均年齢25.5歳

トッテナムは2010年頃から徐々に強さを増していきました。

振り返ると、ターニングポイントはルカ・モドリッチガレス・ベイルがレアル・マドリードへと移籍し、チーム強化のための大金をクラブへ残したあたりではないでしょうか。

その資金でトッテナムはエリクセン、ラメラ、ソン・フンミンなど後にチームの中核を担う選手たちを獲得しました。

そして2014年にノリッジやレスターに武者修行でレンタルされていたハリー・ケインが戻ってきて、今の土台ができ上がりました。

しかし、今シーズン大エースのハリー・ケインがバイエルン・ミュンヘンへと移籍し、得点力不足が懸念されます。

新監督には古橋亨梧や前田大善らが所属していた元セルティックのアンジェ・ポステコグルー氏を招き、エース不在の中どのような采配を見せてくれるのか注目です。

ハリー・ケインに支えられていたトッテナムが、代わりの補強を含めどのようなサッカーを見せてくれるのか楽しみです。

【2023-24】トッテナムFC 選手メンバー一覧

スクロールできます
ポジション背番号選手名国籍生年月日身長・体重前所属昨シーズン成績(所属チーム)市場価値
※2023年8月時点
備考
GK13グリエルモ・ヴィカーリオイタリア1996年10月7日194cm・83kgエンポリ31試合・0得点
(エンポリ)
16.00m€
(約25億円)
新加入
GK1ウーゴ・ロリスフランス1986年12月26日188cm・82kgリヨン25試合・0得点3.00m€
(約5億円)
GK20フレイザー・フォースターイングランド1988年3月17日201cm・93kgサウサンプトン14試合・0得点1.50m€
(約2億円)
GK41アルフィー・ホワイトマンイングランド1998年10月2日189cm・84kgデーゲルフォルシュ0試合・0得点500k€
(約8千万円)
GK40ブランドン・オースティンイングランド1999年1月8日188cm・82kgトッテナムユース0試合・0得点300k€
(約5千万円)
CB17クリスティアン・ロメロアルゼンチン1998年4月27日185cm・79kgアタランタ27試合・0得点60.00m€
(約95億円)
CB15エリック・ダイアーイングランド1994年1月15日188cm・88kgスポルティング33試合・2得点18.00m€
(約29億円)
CB6ダビンソン・サンチェスコロンビア1996年6月12日187cm・81kgアヤックス18試合・0得点15.00m€
(約24億円)
CB37ミッキー・ファン・デ・フェンオランダ2001年4月19日193cm・81kgヴォルフスブルク33試合・1得点
(ヴォルフスブルク)
30.00m€
(約48億円)
新加入
CBアシュリー・フィリップスイングランド2005年6月26日192cm・-kgブラックバーン8試合・0得点
(ブラックバーン)
2.00m€
(約3億円)
新加入
RSB23ペドロ・ポロスペイン1999年9月13日173cm・69kgスポルティング15試合・3得点40.00m€
(約64億円)
RSB12エメルソン・ロイヤルブラジル1999年1月14日181cm・79kgバルセロナ26試合・2得点20.00m€
(約32億円)
LSB73デスティニー・ウドジエイタリア2002年11月28日186cm・67kgウディネーゼ33試合・3得点
(ウディネーゼ)
25.00m€
(約40億円)
新加入
LSB33ベン・デイビスウェールズ1993年4月24日181cm・76kgスウォンジー31試合・2得点15.00m€
(約24億円)
CM5ピエール=エミル・ホイビュアデンマーク1995年8月5日185cm・84kgサウサンプトン35試合・4得点45.00m€
(約71億円)
CM30ロドリゴ・ベンタンクールウルグアイ1997年6月25日187cm・75kgユベントス18試合・5得点40.00m€
(約64億円)
CM28タンギ・エンドンベレフランス1996年12月28日181cm・76kgナポリ30試合・1得点
(ナポリ)
22.00m€
(約35億円)
復帰
CM8イブ・ビスママリ1996年8月30日182cm・80kgブライトン23試合・0得点18.00m€
(約29億円)
CM4オリバー・スキップイングランド2000年9月16日175cm・70kgトッテナムユース23試合・1得点15.00m€
(約24億円)
CM29パペ・マタル・サールセネガル2002年9月14日184cm・68kgメス11試合・0得点15.00m€
(約24億円)
CM18ジオバニ・ロ・チェルソアルゼンチン1996年4月9日177cm・69kgビジャレアル22試合・2得点
(ビジャレアル)
14.00m€
(約22億円)
復帰
LM19ライアン・セセニョンイングランド2000年5月18日178cm・71kgフラム17試合・2得点18.00m€
(約29億円)
LM14イバン・ペリシッチクロアチア1989年2月2日186cm・80kgインテル34試合・1得点7.00m€
(約11億円)
AM10ジェームズ・マディソンイングランド1996年11月23日175cm・73kgレスター30試合・10得点
(レスター)
60.00m€
(約95億円)
新加入
AM22ブレナン・ジョンソンウェールズ2001年5月23日179cm・73kgノッティンガム・フォレスト38試合・8得点
(ノッティンガム・フォレスト)
38.00m€
(約60億円)
新加入
RW21デヤン・クルセフスキスウェーデン2000年4月25日186cm・75kgユベントス30試合・2得点50.00m€
(約79億円)
LW7ソン・フンミン韓国1992年7月8日183cm・77kgレバークーゼン36試合・10得点50.00m€
(約79億円)
キャプテン
LW11ブライアン・ヒルスペイン2001年2月11日175cm・65kgセビージャ17試合・2得点
(セビージャ)
15.00m€
(約24億円)
復帰
LW72マノー・ソロモンイスラエル1999年7月24日167cm・63kgフラム19試合・4得点
(フラム)
18.00m€
(約29億円)
新加入
CF9リシャルリソンブラジル1997年5月10日184cm・83kgエバートン27試合・1得点48.00m€
(約76億円)
CF36アレホ・ベリスアルゼンチン2003年9月19日186cm・77kgロサリオ・セントラル23試合・11得点
(ロサリオ・セントラル)
7.00m€
(約11億円)
新加入
【2022-23】トッテナムFC 選手メンバー一覧
スクロールできます
ポジション背番号選手名国籍生年月日前所属昨シーズン成績(所属チーム)市場価値備考
GK1ウーゴ・ロリスフランス1986年12月26日リヨン38試合・0得点4.0m€
(約6億円)
キャプテン
GK20フレイザー・フォースターイングランド1988年3月17日サウサンプトン19試合・0得点
(サウサンプトン)
1.50m€
(約2億円)
新加入
GK41アルフィー・ホワイトマンイングランド1998年10月2日デーゲルフォルシュ11試合・0得点
(デーゲルフォルシュ)
500k€
(約0.7億円)
新加入
GK40ブランドン・オースティンイングランド1999年1月8日トッテナムユース0試合・0得点300k€
(約0.4億円)
DF17クリスティアン・ロメロアルゼンチン1998年4月27日アタランタ22試合・1得点60.00m€
(約86億円)
DF15エリック・ダイアーイングランド1994年1月15日スポルティング35試合・0得点25.00m€
(約35億円)
DF6ダビンソン・サンチェスコロンビア1996年6月12日アヤックス23試合・2得点20.0m€
(約28億円)
DF34クレマン・ラングレフランス1995年6月17日バルセロナ21試合・0得点
(バルセロナ)
12.00m€
(約17億円)
新加入
DF25ジャフェット・タンガンガイングランド1999年3月30日トッテナムユース11試合・0得点9.00m€
(約12億円)
DF12エメルソン・ロイヤルフランス1999年1月14日バルセロナ31試合・1得点25.00m€
(約35億円)
DF23ペドロ・ポロスペイン1999年9月13日スポルティング23試合・4得点
(スポルティング)
35.00m€
(約49億円)
新加入
DF33ベン・デイビスウェールズ1993年4月24日スウォンジー29試合・1得点20.0m€
(約29億円)
MF5ピエール=エミル・ホイビュアデンマーク1995年8月5日サウサンプトン36試合・2得点45.00m€
(約64億円)
MF30ロドリゴ・ベンタンクールウルグアイ1997年6月25日ユベントス17試合・0得点40.00m€
(約56億円)
MF38イブ・ビスママリ1996年8月30日ブライトン26試合・1得点
(ブライトン)
25.00m€
(約35億円)
新加入
MF4オリバー・スキップイングランド2000年9月16日トッテナムユース18試合・0得点15.00m€
(約21億円)
MF29パペ・マタル・サールセネガル2002年9月14日メス33試合・1得点
(メス)
15.00m€
(約21億円)

新加入
MF19ライアン・セセニョンイングランド2000年5月18日フラム15試合・0得点22.0m€
(約31億円)
MF14イバン・ペリシッチクロアチア1989年2月2日インテル35試合・8得点
(インテル)
10.00m€
(約14億円)
新加入
FW21デヤン・クルゼフスキスウェーデン2000年4月25日ユベントス18試合・5得点55.0m€
(約78億円)
FW27ルーカス・モウラブラジル1992年8月13日パリ・サンジェルマン34試合・2得点9.00m€
(約12億円)
FW7ソン・フンミン韓国1992年7月8日レバークーゼン35試合・23得点60.00m€
(約86億円)
FW16アルノー・ダンジュマオランダ1997年1月31日ビジャレアル23試合・10得点
(ビジャレアル)
27.00m€
(約38億円)
新加入
FW10ハリー・ケインイングランド1993年7月28日トッテナムユース37試合・17得点90.00m€
(約127億円)
FW9リシャルリソンブラジル1997年5月10日エバートン30試合・10得点
(エバートン)
55.00m€
(約78億円)
新加入

トッテナムは攻撃的なチームですが、スウェーデン代表のクルゼフスキ、ブラジル代表FWのリシャルリソンを獲得してより強力な陣形となりました。

比較的攻撃に重きを向けるチームですが、守備陣にやや不安定さがあることは否めません。

昨シーズンは8位とBIG6の肩書があるチームとしてはふがいない順位で終了しました。
今シーズンこそは巻き返しに期待です。

今シーズンから新加入の選手情報

ポジション選手名移籍クラブ
GKグリエルモ・ヴィカーリオエンポリ
DFミッキー・ファン・デ・フェンヴォルフスブルク
DFジェド・スペンスレンヌ
DFデスティニー・ウドジエウディネーゼ
DFセルヒオ・レギロンアトレティコ・マドリー
DFアシュリー・フィリップスブラックバーン
MFタンギ・エンドンベレナポリ
MFジオバニ・ロ・チェルソビジャレアル
MFジェームズ・マディソンレスター
FWブライアン・ヒルセビージャ
FWマノー・ソロモンフラム
FWアレホ・ベリスロサリオ・セントラル

トッテナムは攻撃陣が強力である一方、守備陣にやや不安があります。

そこで、ウーゴ・ロリスに代わる新守護神としてエンポリからグリエルモ・ヴィカーリオを獲得しました。

さらに、成長著しい左センターバックのミッキー・ファン・デ・フェンと、イタリアの逸材デスティニー・ウドジエを獲得しました。

ローン先のレンヌで大活躍した右サイドバックのジェド・スペンスもローンバックで層を厚くしています。

ミッドフィルダーには降格したレスターから即戦力のジェームズ・マディソンを獲得し、攻撃面も期待できる補強を行っています。

守備力が向上すれば、スパーズは取りこぼしが減り4位以内に組み込めるのではないでしょうか。

冬シーズンの加入選手情報

ポジション選手名移籍クラブ
DFラドゥ・ドラグシンジェノア
FWティモ・ヴェルナーRBライプツィヒ

ヴェルナーは一度チェルシーに移籍してうまく結果を残せませんでしたので、プレミアリーグの再挑戦は成功するか注目です。

オフシーズンで退団した選手情報

ポジション選手名移籍クラブ
DFクレマン・ラングレバルセロナ
FWルーカス・モウラサンパウロ
FWアルノー・ダンジュマエバートン
FWハリー・ケインバイエルン

オフシーズンには、かねてから噂されていたハリー・ケインが、バイエルン・ミュンヘンへ移籍しました。

トッテナムの会長ダニエル・レヴィは、バイエルンからのオファーを断固拒否し、移籍は来シーズンに持ち越されるかと思われていました。

しかし、バイエルンからのオファー額を極限まで吊り上げさせたあと移籍を承諾し、バイエルンにとってクラブ史上最高額の160億円以上の額で交渉を成立させました。

レヴィの交渉術は非常にやり手だったと言えますが、昨季リーグ30得点を決めた得点源を失ったトッテナムがどのようにカバーするのか注目です。

ケインが残してくれた移籍金で新たに前線の選手を獲得するのか、目が離せません。

冬シーズンの放出選手情報

ポジション選手名移籍クラブ
GKウーゴ・ロリスロサンゼルスFC
DFアシュリー・フィリップスプリマス
DFエリック・ダイアーバイエルン・ミュンヘン
MFイバン・ペリシッチハイドゥク
MFアレホ・ベリスセビージャ

長年の守護神としてチームを支えたロリスですが、2023-24シーズンは一度もベンチ入りすることなく移籍しました。

トッテナムFCの基本戦術 フォーメーションについて

トッテナムのフォーメーションは、4-2-3-1もしくは4-3-3で構成されています。

ポステコグルーのゴールキーパーは足元が上手いことが求められます。

そのため、新守護神としてヴィカーリオを迎えました。

サイドバックは内側に切り込んで追加のミッドフィールダーとしてプレーできる選手を好むため、ペップ・グアルディオラやミケル・アルテタのような1つのポジションで色々なタスクを求めるタイプのようです。

中盤はセンターバックの間に降りてボールを運ぶ選手を好んでおり、足元の技術が高いスキップあたりがその役割をこなすのではないでしょうか。

ウイングは積極的な選手を好み、相手のサイドバックへ果敢に挑み、ゴールの直前のスペースに向かうことも求めます。

そのあたりソンやクルゼフスキは最適ではないでしょうか。

FWも前線でプレスできる選手を好むため、その点は献身性の高いリシャルリソンが非常に適しています。

前線からのプレスはケインよりもリシャルリソンの方が得意としているため、ポステゴグルーの求めるサッカーにフィットしそうですね。

トッテナムFC 2023-24のキープレーヤー

2023-24シーズンのトッテナムのキープレイヤーを4名ご紹介します。

ジェームズ・マディソン|イングランド代表

プロフィール

生年月日:1996年11月23日
身長/体重:175cm・73kg
ポジション:MF
利き足:右足
国籍:イングランド
クラブ歴:コヴェントリー・シティ→ノリッジ・シティ→レスター・シティ→トッテナム・ホットスパーFC
22/23シーズン成績:30試合・10得点・9アシスト(レスター)
推定市場価格:60.00m€(約95億円)

ジェームズ・マディソンは右利きの選手で、ポジションはオフェンシブミッドフィルダーです。

マディソンの持ち味は精度の高いパスを生かしたプレーで、スペースに走り込む選手に対し、絶妙なパスを供給します。

ミドルシュートのコントロールも優れており、的確にゴールを射抜く技術はすでにワールドクラスの一級品です。

正確なキックを持っているため、今シーズンからトッテナムはセットプレーも脅威となることでしょう。

マディソンはワールドクラスのOMFですので、トッテナムの攻撃的サッカーに融合すると、レスター時代より得点・アシストともに量産するのではないでしょうか。

ソン・フンミン|韓国代表

プロフィール

生年月日:1992年7月8日
身長/体重:183cm・77kg
ポジション:FW
利き足:右足
国籍:韓国
クラブ歴:ハンブルガーSV→レバークーゼン→トッテナム・ホットスパーFC
22/23シーズン成績:36試合・10得点・6アシスト
推定市場価格:50.00m€(約79億円)

ソン・フンミンはトッテナムのエースとして、長年チームを支えています。

キレのあるドリブルでサイドから切り込まれると、相手ディフェンダーはそう簡単に止められません。

昨シーズンはリーグで思うようにゴールを伸ばせませんでしたが、最終的には10得点と2桁得点を記録しています。

今シーズンからはキャプテンにも任命され、チームの柱として活躍に期待です。

アジア人がプレミアBIG6のキャプテンに任命されるのは、誇らしいですね!

ピエール=エミル・ホイビュア|デンマーク代表

プロフィール

生年月日:1995年8月5日
身長/体重:185cm・84kg
ポジション:MF
利き足:右足
国籍:デンマーク
クラブ歴:バイエルン・ミュンヘン→サウサンプトン→トッテナム・ホットスパーFC
22/23シーズン成績:35試合・4得点・5アシスト
推定市場価格:45.00m€(約71億円)

ピエール=エミル・ホイビュアは中盤の要として、チームにとって欠かせない存在となっています。

ホイビュアのストロングポイントはいくつかありますが、一番は対人守備やインターセプトなどが上手く、その守備能力の高さが評価されています。

対人守備においては絶妙なタイミングでボールを取りに行き相手からボールを刈り取り、プレミアリーグ特有のフィジカルにも負けることがありません。

攻撃面では構造性のある高精度なパスが光っており、前線のオフサイドラインギリギリに飛び出す選手へのロングパスは一級品です。

ホイビュアのパスからケインが抜けだしシュートを放つ場面はシーズンでも何度か見られ、攻撃面においても高いスキルを見せています。

2020年にトッテナムへ移籍してきましたが、ここ2~3年でチームにとって欠かせない存在となっています。

ホイビュアは中盤の選手としてドリブルスキルの高さもあり、すべてにおいて高水準な選手となっています!

ブレナン・ジョンソン|ウェールズ代表

プロフィール

生年月日:2001年5月23日
身長/体重:179cm・73kg
ポジション:右
利き足:FW
国籍:ウェールズ
クラブ歴:ノッティンガム・フォレストFC→トッテナム・ホットスパーFC
22/23シーズン成績:38試合・8得点・3アシスト(ノッティンガム)
推定市場価格:38.00m€(約60億円)

ブレナン・ジョンソンは右利きの選手で、ポジションは右ウインガーです。

ノッティンガム・フォレストの生え抜き選手で、2部時代に18ゴールの活躍で注目を浴びました。

キレと吸い付くようなドリブルで相手を翻弄し、積極的にフィニッシュまで持ち込むスタイルが特徴です。

2001年生まれと年齢的にも若く、これからの成熟も楽しみな選手です。

トッテナムFCのユニフォーム 2023-24 購入方法

トッテナムを応援するべくユニフォームを購入したい!方は、KAMOなどの専門のショップや楽天・Amazonなどでも購入が可能です!

ユニフォームを着て一緒に応援しましょう!

まとめ

いかがでしたか。

今回は、トッテナムFCのフォーメーション・スタメン・選手メンバーについて詳しく解説してきました。

トッテナムはBIG6の中でも資金の制限などあり派手なチームではありませんが、リシャルリソンやソンを中心にダイナミックで攻撃的なチームを形成しています。

サッカーファンからしても、攻撃に魅力のあるトッテナムのサッカーが好きという方は多いのではないでしょうか。

昨シーズンはチーム内でもゴタゴタがあり結果を残せませんでしたが、今シーズンはなんとしてもチャンピオンズリーグ出場権を確保して来シーズンへ繋げてほしいところですね。

ご覧いただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

サッカー経験10年・海外サッカー観戦歴14年の「guna」です。名前からお察しの方もいると思いますが、海外サッカーではプレミアリーグのアーセナルを応援しています。(アーセナルファンの名称がグーナー)
主にはプレミアリーグの試合を観戦しておりますが、長年のサッカー好きが高じて、3年前よりスポーツライターとして活動しております。「スポログ!」を通じて、スポーツへの関心や挑戦のきっかけになれれば嬉しいです。

目次