MENU
カテゴリー
おすすめサービス
\ 楽天ポイント最大9倍! / 詳細を見る

【2024年最新】サッカーオランダ代表のフォーメーション・スタメン・選手メンバーを解説!

2014年のワールドカップでオランダ代表アリエン・ロッベンロビン・ファン・ペルシーディルク・カイトなどの豪華な前線の選手が揃っていたため、3位と好成績を残しました。

その後はチーム状態も悪く2018年のワールドカップではまさかの予選敗退で、本戦にすら出場できない事態となりました。

しかしその後はファン・ダイクの台頭やデ・リフト、アケの成長などもあり、守備大国として名を馳せることで、近年はFIFAランキングも1桁台へ安定するようになります。

今では取りこぼしのない安定したサッカーで、あらためて強豪国として認知されているのではないでしょうか。

そこで今回は、サッカーオランダ代表の最新フォーメーション・スタメン・選手メンバーを解説していきます。

サッカーオランダ代表の最新情報を追っていきたいと思います!
それでは見ていきましょう!

目次

サッカーオランダ代表|2023年試合スケジュール

スクロールできます
開催日試合名スコア対戦チーム
3/25(土)欧州選手権2024予選●0-4フランス
3/28(火)欧州選手権2024予選〇3-0ジブラルタル
6/15(木)ネーションズリーグ準決勝●2-4クロアチア
6/19(月)ネーションズリーグ3位決定戦●2-3イタリア
9/8(金)欧州選手権2024予選〇3-0ギリシャ
9/11(月)欧州選手権2024予選〇2-1アイルランド
10/14(金)欧州選手権2024予選●1-2フランス
10/17(火)欧州選手権2024予選〇1-0ギリシャ
11/19(日)欧州選手権2024予選〇1-0アイルランド
11/22(水)欧州選手権2024予選〇6-0ジブラルタル

強豪国との対戦では連敗中のようです。
欧州選手権予選で復調することを願いたいですね!

欧州選手権とは?
4年に1度、FIFAワールドカップの中間年にUEFAが開催する欧州大会です。
巷ではよく「ユーロ」と呼ばれ親しまれています。
この大会に優勝すると、南米で行われるコパ・アメリカの優勝者と対戦するフィナリッシマ(CONMEBOL-UEFAカップ・オブ・チャンピオンズ)の出場権を得られます。

UEFAネーションズリーグとは?
2年に1度、ワールドカップと欧州選手権のない奇数年に開催される大会。
目的は通常の親善試合より真剣味をもたせて欧州国の強化が目的ですが、好成績を残せば欧州選手権やワールドカップの出場権も獲得することができます。

オランダ代表選手メンバー一覧

スクロールできます
ポジション選手名生年月日身長・体重所属クラブ備考
GKマルク・フレッケン1993年6月13日189cm・74kgフライブルク
(ドイツ)
GKバート・フェルブリュッゲン2002年8月18日193cm・75kgアンデルレヒト
(ベルギー)
離脱
GKヤスパー・シレセン1989年4月22日187cm・82kgNECナイメーヘン離脱
GKユスティン・バイロウ1998年1月22日188cm・84kgフェイエノールト
GKアンドリエス・ノペルト1994年4月7日203cm・87kgヘーレンフェーン
DFルシャレル・ヘールトルイダ2000年7月18日184cm・73kgフェイエノールト
DFユリエン・ティンバー2001年6月17日179cm・79kgアーセナル
(イングランド)
DFステファン・デ・フライ1992年2月5日190cm・78kgインテル
(イタリア)
離脱
DFデンゼル・ダンフリース1996年4月18日188cm・80kgインテル
(イタリア)
DFデイリー・ブリント1990年3月9日180cm・72kgバイエルン・ミュンヘン
(ドイツ)
DFマタイス・デ・リフト1999年8月12日187cm・80kgバイエルン・ミュンヘン
(ドイツ)
離脱
DFケニー・テテ1995年10月9日181cm・70kgフラム
(イングランド)
離脱
DFスヴェン・ボトマン2000年1月12日193cm・81kgニューカッスル・ユナイテッド
(イングランド)
DFナタン・アケ1995年2月18日180cm・75kgマンチェスター・シティ
(イングランド)
DFタイレル・マラシア1999年8月17日170cm・67kgマンチェスター・ユナイテッド
(イングランド)
DFフィルジル・ファン・ダイク1991年7月8日195cm・92kgリバプール
(イングランド)
MFタイアニ・ラインデルス1998年7月29日185cm・73kgAZアルクマール
MFマッツ・ヴィーファー1999年11月16日188cm・74kgフェイエノールト
MFシャビ・シモンズ2003年4月21日179cm・58kgPSVアイントホーフェン
MFヨエイ・フェールマン1998年11月19日185cm・75kgPSVアイントホーフェン
MFデイヴィ・クラーセン1993年2月21日179cm・78kgアヤックス離脱
MFトゥーン・コープマイネルス1998年2月28日184cm・77kgアタランタ
(イタリア)
MFマルテン・デ・ローン1991年3月29日186cm・76kgアタランタ
(イタリア)
MFジョルジニオ・
ワイナルドゥム
1990年11月11日175cm・69kgASローマ
(イタリア)
MFフレンキー・デ・ヨング1997年5月12日181cm・70kgバルセロナ
(スペイン)
FWメンフィス・デパイ1994年2月13日179cm・78kgアトレチコ・マドリード
(スペイン)
離脱
FWコーディ・ガクポ1999年5月7日193cm・78kgリバプール
(イングランド)
FWワウト・ウェクホルスト1992年8月7日197cm・84kgマンチェスター・ユナイテッド
(イングランド)
FWドニエル・マレン1999年1月19日179cm・78kgボルシア・ドルトムント
(ドイツ)
FWノア・ラング1999年6月17日176cm・72kgクラブ・ブルージュ
(ベルギー)
FWスティーヴン・
ベルフワイン
1997年10月8日175cm・78kgアヤックス
FWスティーヴン・ベルハイス1991年12月19日182cm・75kgアヤックス離脱
FWブライアン・ブロビー2002年2月1日184cm・78kgアヤックス離脱

今回のオランダ代表には、カタールワールドカップでも活躍したファン・ダイク、アケ、ブリントら豪華ディフェンス陣が順当に選出されています。

一方で、マタイス・デ・リフトやメンフィス・デバイは怪我の影響で代表を離脱しています。

20歳ながら神童と呼ばれているシャビ・シモンズも選出されていますね。

シャビ・シモンズは日本でいう久保建英のような存在で、幼少期から注目されています。

キープレーヤー① ユリエン・ティンバー

ユリエン・ティンバーは主に右サイドバックを主戦場としていますが、センターバックもこなせるユーティリティなプレーヤーです。

守備強度の高い現代型ディフェンダーとして躍動しており、身体能力を活かした守備で対人能力に長けており、状況を見てドリブルで運ぶボールホルダーとしての能力も秀でています。

パス成功率も90%を超えており、足元の技術にも優れた頼りになる存在です。

個人としてはアヤックスからイングランドの名門アーセナルへ移籍し、今後の活躍に期待の選手です。

DFでありながら攻撃にも参加できる、まさに現代サッカーで求められるポイントを押さえています。

キープレーヤー② ナタン・アケ

ナタン・アケは、王者マンチェスター・シティでディフェンスの主軸として活躍し、リーグ優勝にはなくてはならない存在でした。

アケは非常に戦術理解度に長けており、監督ペップ・グアルディオラの緻密なサッカーにも順応し、的確なポジション取りから強固な守備を築きました。

最大の特徴は対人能力の強さにあり、プレミアリーグの名だたるストライカーやウインガーのドリブルをシャットアウトしています。

そのうえ足元の技術とパス能力がDFとしては世界でも有数で、名将ペップのもとで世界最高の選手の一人へと成長を遂げています。

近年次々とディフェンダーの名手が誕生しているオランダ代表でも、一番注目すべき選手の一人です。

ファン・ダイクやデ・リフトもいるオランダ代表はまさにディフェンダーの宝庫ですね!

オランダ代表予想フォーメーション

オランダ代表の基本フォーメーションは、4-2-3-1と予想します。

負傷離脱していたデパイ、デ・リフトらが戻りベストメンバーが揃えば、オランダ代表はさらに強固となるでしょう。

ディフェンスラインはアケ、ファンダイク、デ・リフトは基本固定ですが、右サイドはダンフリースもティンバーも好調なため状況に応じてとなりそうです。

前線もクラブで好調を維持しているシモンズやコープマイネルス、マレンが主軸となってチームを引っ張ると予想しています。

特にシャビ・シモンズはビッグクラブからの引き抜き噂も頻繁に出ており、代表でのプレーも目が離せません。

直近では複数失点が目立っていますが、本来は鉄壁の守備を披露できるはずですので期待したいですね!

まとめ

いかがでしたか。

今回は、サッカーオランダ代表の最新フォーメーション・スタメン・選手メンバーを解説してきました。

オランダ代表は一昔前だとファン・ペルシやロッベンなど魅力的な攻撃陣が揃っていましたが、今は最強の守備陣が揃っています。

今後もサッカーオランダ代表の活躍には注目していきましょう。

ご覧いただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

サッカー経験10年・海外サッカー観戦歴14年の「guna」です。名前からお察しの方もいると思いますが、海外サッカーではプレミアリーグのアーセナルを応援しています。(アーセナルファンの名称がグーナー)
主にはプレミアリーグの試合を観戦しておりますが、長年のサッカー好きが高じて、3年前よりスポーツライターとして活動しております。「スポログ!」を通じて、スポーツへの関心や挑戦のきっかけになれれば嬉しいです。

目次