MENU
カテゴリー
おすすめサービス
\ 楽天ポイント最大9倍! / 詳細を見る

【2024年最新】サッカークロアチア代表のフォーメーション・スタメン・選手メンバーを解説!

クロアチア代表は2018年までFIFAランキングで20位ほどでしたが、ロシアワールドカップで準優勝したことから強豪国の仲間入りを果たしました。

その後、やや順位を落としましたが、カタールワールドカップでも3位という好成績を残し上位をキープしています。

クロアチア代表=ルカ・モドリッチという印象を強く持たれている方も多いかと思いますが、他にもインパクトの強いメンバーが在籍しています。

そこで今回は、サッカークロアチア代表の最新フォーメーション・スタメン・選手メンバーを解説していきます。

サッカークロアチア代表の最新情報を追っていきたいと思います!
それでは見ていきましょう!

目次

サッカークロアチア代表|2023年試合スケジュール

スクロールできます
開催日試合名スコア対戦チーム
3/26(日)欧州選手権2024予選△1-1ウェールズ
3/29(水)国際親善試合〇2-0トルコ
6/15(木)ネーションズリーグ準決勝〇4-2オランダ
6/19(月)ネーションズリーグ決勝●0-0
PK4-5
スペイン
9/9(土)欧州選手権2024予選〇5-0ラトビア
9/12(火)国際親善試合〇1-0アルメニア
10/13(金)国際親善試合●0-1トルコ
10/16(月)欧州選手権2024予選●1-2ウェールズ
11/19(日)欧州選手権2024予選〇2-0ラトビア
11/22(水)欧州選手権2024予選〇1-0アルメニア

カタールワールドカップは3位、ネーションズリーグでは決勝で敗れてしまいました。
ワールドカップに欧州選手権にネーションズカップ、日本よりも代表活動がハードですね。

欧州選手権とは?
4年に1度、FIFAワールドカップの中間年にUEFAが開催する欧州大会です。
巷ではよく「ユーロ」と呼ばれ親しまれています。
この大会に優勝すると、南米で行われるコパ・アメリカの優勝者と対戦するフィナリッシマ(CONMEBOL-UEFAカップ・オブ・チャンピオンズ)の出場権を得られます。

UEFAネーションズリーグとは?
2年に1度、ワールドカップと欧州選手権のない奇数年に開催される大会。
目的は通常の親善試合より真剣味をもたせて欧州国の強化が目的ですが、好成績を残せば欧州選手権やワールドカップの出場権も獲得することができます。

クロアチア代表選手メンバー一覧

スクロールできます
ポジション選手名生年月日身長・体重所属クラブ備考
GKドミニク・リヴァコビッチ1995年1月9日188cm・82kgディナモ・ザグレブ
GKネディリコ・ラヴロビッチ1999年10月10日194cm・88kgリエカ
GKイヴィツァ・イヴシッチ1995年2月1日195cm・88kgパフォスFC
(キプロス)
DFヨシプ・シュタロ2000年2月28日190cm・82kgディナモ・ザグレブ
DFドマゴイ・ヴィダ1989年4月29日184cm・76kgAEKアテネ
(ギリシャ)
DFボルナ・バリシッチ1992年11月10日186cm・75kgレンジャーズ
(スコットランド)
DFマルティン・エルリッチ1998年1月24日192cm・78kgサッスオーロ
(イタリア)
DFヨシプ・ユラノビッチ1995年8月16日173cm・66kgウニオン・ベルリン
(ドイツ)
DFボルナ・ソサ1998年1月21日187cm・79kgシュツットガルト
(ドイツ)
DFヨシュコ・グヴァルディオル2002年1月23日185cm・81kgライプツィヒ
(ドイツ)
DFヨシプ・スタニシッチ2000年4月2日186cm・77kgバイエルン・ミュンヘン
(ドイツ)
MFルカ・イヴァヌシェツ1998年11月26日175cm・76kgディナモ・ザグレブ
MFロヴロ・マイェル1998年1月17日178cm・74kgレンヌ
(フランス)
MFマリオ・パシャリッチ1995年2月9日189cm・82kgアタランタ
(イタリア)
MFニコラ・ヴラシッチ1997年10月4日178cm・80kgトリノ
(イタリア)
MFマルセロ・ブロゾビッチ1992年11月6日181cm・68kgアル・ナスルFC
(サウジアラビア)
MFマテオ・コヴァチッチ1994年5月6日177cm・78kgマンチェスター・シティ
(イングランド)
MFルカ・モドリッチ1985年9月9日172cm・66kgレアル・マドリード
(スペイン)
FWアンドレイ・クラマリッチ1991年6月19日177cm・73kgホッフェンハイム
(ドイツ)
FWディオン・ドレナ
・ベーリョ
2002年3月1日195cm・84kgアウクスブルク
(ドイツ)
FWイヴァン・ペリシッチ1989年2月2日187cm・81kgトッテナム・ホットスパー
(イングランド)
FWペタル・ムサ1998年3月4日190cm・82kgベンフィカ
(ポルトガル)
FWブルーノ・ペトコビッチ1994年9月16日193cm・88kgディナモ・ザグレブ
FWマルコ・リヴァヤ1993年8月26日182cm・84kgハイドゥク・スプリト
GKイヴォ・グルビッチ1996年1月18日195cm・83kgアトレチコ・マドリード
(スペイン)
予備
DFフィリプ・ウレモビッチ1997年2月11日184cm・81kgヘルタ・ベルリン
(ドイツ)
予備
DFドゥイェ・チャレタ
・ツァル
1996年9月17日192cm・89kgサウサンプトン
(イングランド)
予備
MF二コラ・モロ1998年3月12日183cm・77kgボローニャ
(イタリア)
予備
FWミスラフ・オルシッチ1992年6月23日179cm・72kgサウサンプトン
(イングランド)
予備
FWヨシプ・ブレカロ1998年6月23日175cm・70kgフィオレンティーナ
(イタリア)
予備
FWマティヤ・フリガン2003年2月11日185cm・78kgリエカ予備

今回のクロアチア代表には、カタールワールドカップでもキープレイヤーとして活躍したモドリッチ、ペリシッチ、グヴァルディオルらが順当に選出されています。

他にも今夏新たな挑戦としてサウジアラビアのクラブチームへ移籍したブロゾビッチ、ステップアップで王者マンチェスター・シティへ移籍したコヴァチッチなども選ばれています。

若手ではベンフィカからリバプールへ移籍したダルウィン・ヌニェスの後釜として引き抜かれたペタル・ムサなど、面白い選手も育ってきています。

モドリッチも大ベテランですが、まだまだプレーを見られるのは嬉しいですね!

キープレーヤー① ヨシュコ・グヴァルディオル

ヨシュコ・グヴァルディオルは現在ビッグクラブが注目するセンターバックで、ワールドクラス級のプレーヤーで左利きということも含め注目を浴びています。

フィジカルを活かした守備で相手のチャンスをことごとく潰し、チーム全体のクオリティを格段に上げてくれる選手です。

さらに守るだけでなく、現代サッカーに求められているドリブル推進力や左足での正確なキックも持ち味で、弱点のないユーティリティプレーヤーでもあります。

クラブでは頻繁にイングランドの名門マンチェスター・シティへの移籍話が取り沙汰されていますが、今後個人としてもステップアップするのか見ものです。

すでに現代最高のセンターバックと言っても過言ではありません。

キープレーヤー② ルカ・モドリッチ

ルカ・モドリッチは説明不要の絶対的選手ですが、やはりモドリッチがいるといないとではチームの出来がまるで変ってしまうためキープレーヤーとして挙げています。

パス・ドリブル・視野の広さ・ゲームメイクすべてが一級品で、2018年には世界最高の栄誉バロンドールも受賞しました。

オフシーズンにはサウジアラビアのアル・ヒラルから総額約900億円(年俸300億×3年)の契約を提示されたようですが、その話を蹴ってマドリーへ残留したようです。

今年9月には38歳になるモドリッチですが、サウジアラビアのカネにはなびかず、次のワールドカップ出場も見据えているのかもしれません。

1人の選手に900億を提示できるサウジアラビアの資金力もすごいですが、その魅力的オファーを蹴ってクラブへ残留するモドリッチもカッコいいですね。

クロアチア代表予想フォーメーション

クロアチア代表の基本フォーメーションは、4-3-3と予想します。

ネーションズリーグでもこちらのフォーメーションだったため、今後もしばらくは継続するのではないでしょうか。

モドリッチは右サイドにおいて、ブロゾビッチを中央に配置し、ベテランのペリシッチはウイングではなく左サイドバックとなっています。

グヴァルディオルは残念ながらネーションズリーグの準決勝と決勝を怪我で離脱していますが、9月以降の代表選には復帰するでしょう。

ネーションズリーグではグヴァルディオルの離脱が大きな痛手でした。
欧州選手権での活躍に期待ですね!

まとめ

いかがでしたか。

今回は、サッカークロアチア代表の最新フォーメーション・スタメン・選手メンバーを解説してきました。

クロアチア代表はモドリッチの印象が強いですが、選手一人の実力でワールドカップを勝ち上がることはできません。

組織的な戦術と粘り強さで日本代表も真似すべき姿を見せていますので、今後のクロアチア代表の活躍に注目していきましょう。

ご覧いただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

サッカー経験10年・海外サッカー観戦歴14年の「guna」です。名前からお察しの方もいると思いますが、海外サッカーではプレミアリーグのアーセナルを応援しています。(アーセナルファンの名称がグーナー)
主にはプレミアリーグの試合を観戦しておりますが、長年のサッカー好きが高じて、3年前よりスポーツライターとして活動しております。「スポログ!」を通じて、スポーツへの関心や挑戦のきっかけになれれば嬉しいです。

目次