MENU
カテゴリー
おすすめサービス
\ 楽天ポイント最大9倍! / 詳細を見る

【2023-24】ルートン・タウンFCのフォーメーション・スタメン・選手メンバーを解説!

ルートン・タウンFCは、イングランドのチャンピオンシップ(2部)に所属するクラブです。

100年以上歴史のあるクラブですが、今シーズンのプレーオフを制して、クラブ史上初のプレミアリーグ昇格を果たしました。

そこで今回は、ルートン・タウンFCのフォーメーション・スタメン・選手メンバーについて解説していきます。

それでは見ていきましょう!

目次

ルートン・タウンFCとは

概要内容
クラブ名ルートン・タウン・フットボール・クラブ
設立年1885年
ホームタウンルートン
スタジアムケニルワース・ロード
収容人数10,356人
クラブの愛称ハッターズ(The Hatters)
監督ロブ・エドワーズ
メインスポンサーUtilita(英国の電力会社)
Umbro(ユニフォームサプライヤー)
国内獲得タイトルフットボールリーグ・サードディビジョン:1回
フットボールリーグ・フォースディビジョン:1回
フットボールリーグ・セカンドディビジョン:1回
EFLリーグ1:2回
リーグカップ:1回
ジョンストンズ・ペイント・トロフィー:1回
カンファレンス・ナショナル:1回
国際獲得タイトルなし
平均年齢26.9歳

ルートン・タウンFCは、イングランドのチャンピオンシップ(2部)からプレミアリーグへ昇格したチームです。

イングランド東部に位置するルートンは、かつて帽子製造の街として有名でした。

そういった経緯もありファンからは、エムブレムにもなっている麦わら帽子にちなんでハッターズと呼ばれています。

かつてルートンは人材確保時のオペレーションに問題があり、勝ち点を30もはく奪されてしまいます。

しかしそこからは順調に昇格を続け、ついにはプレミアリーグ(1部)への昇格を決めました。

プレミアリーグへの昇格は喜ばしい反面、ルートンは施設面で問題を抱えています。

最低条件の5,000人収容の条件は満たしているものの、テレビ中継のための施設などが満たされていないようです。

すでに17億円ほどかけて改修工事を行っている様子ですが、そもそもプレミアリーグで戦っていくのであれば収容人数を増やすなど根本の解決も考える必要があるのかもしれません。

今シーズンは初のプレミアリーグ挑戦ということで、早くも話題となっています。
ルートン・タウンのスタジアムは収容人数約1万人と狭いため、プレミアリーグの選手を身近で見られるチャンスでもありますね!

【2023-24】ルートン・タウンFC 選手メンバー一覧

スクロールできます
ポジション背番号選手名国籍生年月日身長・体重前所属昨シーズン成績
(所属チーム)
市場価値
※2023年8月時点
備考
GK24トーマス・カミンスキベルギー1992年10月23日190cm・78kgブラックバーン28試合・0得点
(ブラックバーン)
2.20m€
(約3億円)
新加入
GK23ティム・クルルオランダ1988年4月3日188cm・84kgノリッジ16試合・0得点
(ノリッジ)
600k€
(約9千万円)
新加入
GK33マット・メイシーイングランド1994年9月9日199cm・81kgポーツマス21試合・0得点
(ポーツマス)
350k€
(約5千万円)
GK1ジェームズ・シェアイングランド1991年6月16日186cm・76kgルートンタウンユース1試合・0得点200k€
(約3千万円)
CB4トム・ロッキャーウェールズ1994年12月3日184cm・72kgチャールトン39試合・3得点3.00m€
(約5億円)
CB5マッズ・アンデルセンデンマーク1997年12月27日194cm・82kgバーンズリー44試合・1得点
(バーンズリー)
2.00m€
(約3億円)
新加入
CBテデン・メンギイングランド2002年4月30日186cm・78kgマンチェスター・ユナイテッド0試合・0得点
(マンチェスター・ユナイテッド)
2.00m€
(約3億円)
新加入
CB16リース・バークイングランド1996年9月2日189cm・81kgハル・シティ20試合・2得点1.80m€
(約2億円)
CB32ガブリエル・オショイングランド1998年8月14日185cm・70kgレディング27試合・2得点600k€
(約9千万円)
RSB12イッサ・カボレブルキナファソ2001年5月12日180cm・70kgマルセイユ22試合・1得点
(マルセイユ)
7.00m€
(約11億円)
新加入
LSB26ライアン・ジャイルズイングランド2000年1月26日179cm・72kgミドルズブラ45試合・0得点
(ミドルズブラ)
9.00m€
(約14億円)
新加入
LSB29アマリイ・ベルジャマイカ1994年5月5日180cm・77kgブラックバーン44試合・1得点2.00m€
(約3億円)
LSB3ダン・ポッツイングランド1994年4月13日173cm・70kgウェストハム25試合・1得点1.00m€
(約1億円)
CMアルベール・ザンビ・ロコンガベルギー1999年10月22日183cm・67kgクリスタル・パレス9試合・0得
(クリスタル・パレス)
15.00m€
(約24億円)
新加入
CM6ロス・バークリーイングランド1993年12月5日185cm・87kgニース27試合・4得点
(ニース)
6.00m€
(約10億円)
新加入
CM13マーベラス・ナカンバジンバブエ1994年1月19日178cm・71kgアストン・ヴィラ17試合・0得点4.00m€
(約6億円)
CM22アラン・キャンベルスコットランド1998年7月4日174cm・73kgマザーウェル42試合・3得点3.00m€
(約5億円)
CM17ペリー=ラドック・ムパンズDRコンゴ1994年3月22日175cm・74kgウェストハム30試合・3得点1.00m€
(約1億円)
CM18ジョーダン・クラークイングランド1993年9月22日183cm・75kgアクリントン38試合・2得点900k€
(約1億円)
CM8ルーク・ベリーイングランド1992年7月12日177cm・70kgケンブリッジ・ユナイテッド21試合・3得点400k€
(約6千万円)
CMグレン・レアアイルランド1994年9月3日184cm・73kgチェルトナム14試合・0得点
(チェルトナム)
200k€
(約3千万円)
復帰
CM20ルイ・ワトソンアイルランド2001年6月7日177cm・76kgダービー・カウンティ5試合・0得点250k€
(約4千万円)
LM45アルフィ・ダウティイングランド1999年12月21日183cm・68kgストークシティ28試合・2得点2.20m€
(約2億円)
RW14タヒス・チョンオランダ1999年12月4日185cm・75kgバーミンガム38試合・4得点
(バーミンガム)
3.20m€
(約5億円)
新加入
RWチドジー・オグベネアイルランド1997年5月1日181cm・75kgロザラム39試合・8得点
(ロザラム)
2.00m€
(約3億円)
新加入
LW19ディオン・ペレイライングランド1999年3月25日180cm・70kgブラッドフォード14試合・1得点
(ブラッドフォード)
200k€
(約3千万円)
復帰
CF9カールトン・モリスイングランド1995年12月16日185cm・85kgバーンズリー44試合・20得点6.00m€
(約10億円)
CF11イライジャ・アデバヨイングランド1998年1月7日193cm・89kgウォールソール42試合・7得点6.00m€
(約10億円)
CFジェイコブ・ブラウンスコットランド1998年4月10日178cm・72kgストーク38試合・7得点
(ストーク)
6.00m€
(約10億円)
新加入
CF10コーリー・ウッドローイングランド1994年12月2日184cm・78kgバーンズリー27試合・2得点1.20m€
(約2億円)
CF15アドミラル・ムスクウェジンバブエ1998年8月21日183cm・71kgレスター2試合・0得点300k€
(約5千万円)
CF21ジョン・マカティーイングランド1999年7月23日180cm・75kgグリムズビー26試合・4得点
(グリムズビー)
200k€
(約3千万円)
復帰
【2022-23】ルートン・タウンFC 選手メンバー一覧
スクロールできます
ポジション背番号選手名国籍生年月日身長・体重市場価値
GK1ジェームズ・シェイイングランド1991/6/16186cm・76kg200k€
GK21ハリー・イステッドイングランド1997/3/5186cm・70kg350k€
GK24ジャック・ウォートンイングランド1998/4/23184cm・77kg400k€
GK34イーサン・ホーバスアメリ1995/6/9193cm・82kg1.50m€
DF3ダン・ポッツイングランド1994/4/13173cm・76kg1.00m€
DF4トム・ロッキャーウェールズ1994/12/3185cm・72kg3.00m€
DF5ソニー・ブラッドリー
キャプテン
イングランド1991/9/13196cm・90kg600k€
DF16リース・バークイングランド1996/9/2189cm・81kg1.80m€
DF29アマリ・ベルジャマイカ1994/5/5180cm・66kg2.00m€
DF32ゲイブリエル・オショイングランド1998/08/14185cm600k€
MF6グレン・レイアイルランド1994/9/3184cm・73kg250k€
MF8ルーク・ベリーイングランド1992/7/12177cm・72kg400k€
MF12ヘンリ・ランズベリーイングランド1990/10/12183cm・85kg300k€
MF17ペリー・ラドック・ムパンズコンゴ共和国1994/3/22175cm・63kg1.00m€
MF19ディオン・ペレイライングランド1999/3/25180cm・77kg220k€
MF22アラン・キャンベルスコットランド1998/7/4173cm・67kg
MF23フレッド・オニェディンマイングランド1996/11/24185cm・70kg500k€
MF28エリオット・ソープウェールズ2000/11/9176cm
MF30ルーク・フリーマンイングランド1992/3/22181cm・64kg600k€
MF30ジョシュ・ヌフビルイングランド2000/5/8183cm・74kg
MF45アルフィー・ドーティーイングランド1999/12/21183cm2.20m€
FW9カールトン・モリスイングランド1995/12/16185cm・85kg6.00m€
FW10コーリー・ウッドロウイングランド1994/12/2184cm・78kg1.20m€
FW11イライジャ・アデバヨイングランド1998/1/7193cm・89kg6.00m€
FW14カルロス・メンデス・ゴメススペイン1998/11/14178cm・66kg350k€
FW18ジョーダン・クラークイングランド1993/9/22183cm・73kg
FW27アリビム・ペップルカナダ2002/12/25185cm・83kg100k€
FWジョン・マケイティーイングランド1999/7/23180cm・75kg200k€

今シーズンから新加入の主な選手

ポジション選手名前所属
GKトーマス・カミンスキブラックバーン
GKティム・クルルノリッジ
DFマッズ・アンデルセンバーンズリー
DFイッサ・カボレマルセイユ
DFライアン・ジャイルズミドルズブラ
DFテデン・メンギマンチェスター・ユナイテッド
MFロス・バークリーニース
MFグレン・レアチェルトナム
MFアルベール・ザンビ・ロコンガクリスタル・パレス
FWタヒス・チョンバーミンガム
FWチドジー・オグベネロザラム
FWディオン・ペレイラブラッドフォード
FWジョン・マカティーグリムズビー
FWジェイコブ・ブラウンストーク

今シーズンのルートン・タウンは、プレミアリーグへ昇格したこともあり、かつてチェルシーに所属していた実力者のロス・バークリーを獲得しました。

全体的に市場価値を見ると物足りなさを感じますが、多くの選手を既に補強しており、初のプレミアリーグ挑戦に向けて備えています。

冬シーズンの加入選手情報

ポジション選手名移籍クラブ
DF橋岡 大樹シント=トロイデン
MFエリオット・ソープシュルーズベリー
MFフレッド・オニェディンマロザラム

プレミアリーグにまた一人日本人選手が増えましたね!

オフシーズン退団した主な選手情報

ポジション選手名前所属
GKイーサン・ホーバスノッティンガム・フォレスト
GKジャック・ウォルトンダンディー・ユナイテッド
DFソニー・ブラッドリーダービー
DFコーディー・ドラメーリーズ
MFヘンリ・ランスベリー未定
MFエリオット・ソープシュルーズベリー
MFフレッド・オニェディンマロザラム
MFルーク・フリーマン未定
MFアラン・キャンベルミルウォール
FWジョー・テイラーコルチェスター
FWアリビン・ペップルブロムリー

冬シーズンの放出選手情報

ポジション選手名移籍クラブ
DFライアン・ジャイルズハル

ルートン・タウンFCの基本戦術 フォーメーションについて


ルートン・タウンFCのフォーメーションは、3-5-2で構成されています。

2022年11月上旬、ネイサン・ジョーンズ監督がプレミアリーグのサウサンプトンへ引き抜かれ、ライバルであるワトフォードの元監督ロブ・エドワーズ氏を新監督へ迎え入れます。

エドワーズ監督はポゼッション志向なこともあり、DFへロングボールかパスだけでなく自分で前線へ運ばせるようなスタイルへ変化させました。

スタメンにもロッキャーやオショといったドリブルの得意な選手を配置させています。

主な攻撃は左サイドからで、攻撃的なドーティーやベルを主体として攻め上がります。

安定していなかった中盤も冬シーズンにアストン・ビラからナカンバを獲得したことにより、リンクマンとしてパスの精度が格段に上がりました。

今シーズンは実力者のバークリーを獲得したことにより、さらにボールもうまく保持できるのではと予想されます。

昨シーズンは後方からボールを持ち運んでサイドから攻撃的に攻め上がるスタイルが見事にはまり、ルートンは好調を維持してプレーオフへ望みを繋げました。

プレミアリーグでも戦術が通用するか、注目です。

新監督の戦術や采配が昇格に大きな影響をもたらしたということですね!

ルートン・タウンFC 2023-24のキープレーヤー

2023-24シーズンのルートンタウンFCのキープレイヤーを1名ご紹介します。

トム・ロッキャー|ウェールズ代表

プロフィール

生年月日:1994年12月3日
身長/体重:185cm・72kg
ポジション:DF
利き足:右
国籍:ウェールズ
クラブ歴:ブリストル・R→チャールトン→ルートン・タウンFC
22/23シーズン成績:42試合・4得点・1アシスト
推定市場価格:3.00m€(約5億円)

トム・ロッキャーは右利きの選手で、ポジションはセンターバックです。

3バックの真ん中を務め、プレーオフ含め42試合に出場しディフェンスの柱としてチームに貢献しました。

センターバックながら足元の技術に優れており、昨シーズンも監督の戦術とする後方からのボール運びに欠かせない選手となっていました。

プレーオフ決勝で全治不明の足を怪我してしまいましたが、7月のプレシーズンマッチで見事復帰しました。

今シーズンも彼の活躍には注目です。

彼なしでの昇格は考えられなかったため、プレミアリーグでのプレーも早く見てみたいですね。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、ルートン・タウンFCのフォーメーション・スタメン・選手メンバーについて解説してきました。

選手一人ひとりの市場価値はそこまで高くないも、監督の見事な戦術や采配でプレミアリーグ昇格を決めました。

プレミアリーグでは監督の3バックフォーメーションがどこまで通用するか、非常に楽しみですね。

ご覧いただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

サッカー経験10年・海外サッカー観戦歴14年の「guna」です。名前からお察しの方もいると思いますが、海外サッカーではプレミアリーグのアーセナルを応援しています。(アーセナルファンの名称がグーナー)
主にはプレミアリーグの試合を観戦しておりますが、長年のサッカー好きが高じて、3年前よりスポーツライターとして活動しております。「スポログ!」を通じて、スポーツへの関心や挑戦のきっかけになれれば嬉しいです。

目次