MENU
カテゴリー
おすすめサービス
\ 楽天ポイント最大9倍! / 詳細を見る

【2023-24】インテルミラノのフォーメーション・スタメン・選手メンバーを詳しく解説!

インテルミラノは、イタリアのセリエAに所属するチームです。

イタリアの名門として知られており、かつては元日本代表の長友佑都も所属していました。

ACミランと同じくしばらくは暗黒期でしたが、2020/21シーズンにリーグ優勝を果たし、イタリアの名門として完全復活を遂げています。

そこで今回は、強さの秘訣を解剖すべくインテルミラノのフォーメーション・スタメン・選手メンバーについて詳しく解説していきます。

それでは見ていきましょう!

目次

インテルミラノとは

概要内容
クラブ名FCインテルナツィオナーレ・ミラノ
設立年1908年
ホームタウンミラノ
スタジアムスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ
収容人数80,018人
クラブの愛称ネラッズーロ(黒と青)
監督シモーネ・インザーギ
メインスポンサーDigitalBits(ブロックチェーン企業)
Nike(スポーツメーカー・ユニフォーム提供)
国内獲得タイトルセリエA:19回
コッパ・イタリア:8回
スーペルコッパ・イタリアーナ:7回
国際獲得タイトルFIFAクラブワールドカップ:1回
UEFAチャンピオンズリーグ:3回
インターナショナル・チャンピオンズ・カップ:1回
平均年齢28.2歳

インテルミラノは、イタリア・ミラノを本拠地とする世界屈指の強豪サッカークラブです。

ACミランとはホームタウンが同じライバルとして知られており、ミラノダービーとして毎年白熱しています。

インテルのチームカラーは黒と青で、黒青にちなんでファンからはネラッズーロと呼ばれています。

創設以来、1度もセリエBに転落のない唯一のチームとしても知られています。

2006年に審判買収などのカルチョスキャンダルで1位、2位チームにペナルティーが科せられ、セリエAの優勝がインテルに転がり込みました。

以降2005/06シーズンからはリーグ5連覇を果たし、2010年にはクラブチーム世界1位にも輝いています。

当時は会長が私財を投じて赤字を穴埋めすることで、クラブ経営が成り立っていましたが、UEFAが導入したファイナンシャルフェアプレーによりオーナーによる赤字補填は禁じられました。

以降財政難に陥ったインテルは競争力を保つことが難しくなり、次第にタイトルやチャンピオンズリーグから遠ざかっていきます。

その低迷期に獲得した選手が日本代表の長友佑都です。

ある意味絶頂期ではなかったためにスタメンを奪取できたのかもしれませんが、チームの台所が厳しいときに長友はチームを支えました。

その後インテルは名将アントニオ・コンテ監督が就任し、見事チームを11年ぶりのセリエA優勝へ導きます。

現在はシモーネ・インザーギが指揮を執り、シーズン2年目を迎えています。

ちなみにシモーネ・インザーギ氏の兄は、元ACミランの英雄フィリッポ・インザーギ氏で、兄弟そろって監督として活動しています。

インテルの優勝により、ユベントスの1強時代に終止符を打ちました!

【2023-24】インテルミラノ 選手メンバー一覧

スクロールできます
ポジション背番号選手名国籍生年月日身長・体重前所属昨シーズン成績
(所属チーム)
市場価値
(2023年8月時点)
備考
GK1ヤン・ゾマースイス1988年12月17日183cm・79kgバイエルン19試合・0得点
(バイエルン)
5.00m€
(約8億円)
新加入
GK77エミル・アウデーロイタリア1997年1月18日192cm・83kgサンプドリア25試合・0得点
(サンプドリア)
6.00m€
(約10億円)
新加入
GK12ラッファエレ・ディ・ジェンナーロイタリア1993年10月3日188cm・80kgグッビオ30試合・0得点
(グッビオ)
350k€
(約6千万円)
新加入
CB95アレッサンドロ・バストーニイタリア1999年4月13日190cm・81kgアタランタBC29試合・0得点60.00m€
(約95億円)
CB6ステファン・デフライオランダ1992年2月5日189cm・78kgSSラツィオ27試合・1得点8.00m€
(約13億円)
CB31ヤン・アウレル・ビセックドイツ2000年11月29日196cm・87kgオーフス32試合・4得点
(オーフス)
5.00m€
(約8億円)
新加入
CB15フランチェスコ・アチェルビイタリア1988年2月10日192cm・90kgSSラツィオ31試合・0得点4.00m€
(約6億円)
RSB28バンジャマン・パバールフランス1996年3月28日186cm・81kgバイエルン30試合・4得点
(バイエルン)
40.00m€
(約63億円)
新加入
RSB36マッテオ・ダルミアンイタリア1989年12月2日182cm・70kgパルマ・カルチョ191331試合・1得点4.00m€
(約6億円)
LSB32フェデリコ・ディマルコイタリア1997年11月10日182cm・78kgシオン33試合・4得点35.00m€
(約55億円)
CM23ニコロ・バレッライタリア1997年2月7日172cm・68kgカリアリ・カルチョ35試合・6得点75.00m€
(約119億円)
CM20ハカン・チャルハノールトルコ1994年2月8日178cm・69kgACミラン33試合・3得点40.00m€
(約63億円)
CM16ダビデ・フラッテージイタリア1999年9月12日186cm・74kgサッスオーロ36試合・7得点
(サッスオーロ)
25.00m€
(約40億円)
新加入
CM14クリスティアン・アスラーニアルバニア2002年3月9日175cm・64kgエンポリ20試合・0得点12.00m€
(約19億円)
CM5ステファーノ・センシイタリア1995年8月5日168cm・62kgモンツァ28試合・3得点
(モンツァ)
8.00m€
(約13億円)
復帰
CMルシアン・アグメフランス2002年2月9日185cm・72kgトロワ15試合・0得点
(トロワ)
7.00m€
(約11億円)
復帰
CM22ヘンリク・ムヒタリアンアルメニア1989年1月21日177cm・75kgASローマ31試合・3得点6.00m€
(約10億円)
RM2デンゼル・ダンフリースオランダ1996年4月18日188cm・80kgPSVアイントホーフェン34試合・1得点28.00m€
(約44億円)
RM7ファン・クアドラードコロンビア1988年5月26日179cm・72kgユベントス31試合・1得点
(ユベントス)
4.00m€
(約6億円)
新加入
LM30カルロス・アウグストブラジル1999年1月7日184cm・76kgモンツァ35試合・6得点
(モンツァ)
15.00m€
(約24億円)
新加入
CF10ラウタロ・マルティネスアルゼンチン1997年8月22日174cm・72kgラシン・クルブ38試合・21得点85.00m€
(約135億円)
キャプテン
CF9マルクス・テュラムフランス1997年8月6日192cm・88kgボルシアMG30試合・13得点
(ボルシアMG)
5.00m€
(約8億円)
新加入
CF8マルコ・アルナウトビッチオーストリア1989年4月19日192cm・83kgボローニャ21試合・10得点
(ボローニャ)
5.00m€
(約8億円)
新加入
CF70アレクシス・サンチェスチリ1988年12月19日168cm・62kgマルセイユ35試合・14得点
(マルセイユ)
4.00m€
(約6億円)
新加入
【2022-23】インテルミラノ 選手メンバー一覧
スクロールできます
ポジション背番号選手名国籍生年月日身長・体重前所属昨シーズン成績(所属チーム)市場価値備考
GK24アンドレ・オナナカメルーン1996年4月2日190cm・93kgアヤックス・アムステルダム6試合・0得点
(アヤックス)
20.00m€
(約30億)
新加入
GK1サミール・ハンダノビッチスロベニア1984年7月14日193cm・89kgウディネーゼ・カルチョ37試合・0得点1.00m€
(約1.5億)
キャプテン
GK21アレックス・コルダズイタリア1983年1月1日188cm・83kgFCクロトーネ0試合・0得点300k€
(約0.4億)
DF37ミラン・シュクリニアルスロバキア1995年2月11日187cm・80kgUCサンプドリア35試合・3得点60.00m€
(約91億)
DF95アレッサンドロ・バストーニイタリア1999年4月13日190cm・81kgアタランタBC31試合・1得点55.00m€
(約83億)
DF6ステファン・デフライオランダ1992年2月5日189cm・78kgSSラツィオ30試合・0得点10.00m€
(約15億)
DF15フランチェスコ・アチェルビイタリア1988年2月10日192cm・90kgSSラツィオ30試合・4得点
(ラツィオ)
20.00m€
(約30億)
新加入
DF33ダニーロ・ダンブロージオイタリア1988年9月9日180cm・75kgトリノFC20試合・1得点4.00m€
(約6億)
DF47アレッサンドロ・フォンタナローザイタリア2003年2月7日182cm・-kgインテルU-190試合・0得点300k€
(約0.4億)
DF12ラウル・ベッラノーバイタリア2000年5月17日188cm・78kgカリアリ・カルチョ31試合・1得点
(カリアリB)
5.00m€
(約8億)
新加入
DF36マッテオ・ダルミアンイタリア1989年12月2日182cm・70kgパルマ・カルチョ191325試合・2得点4.00m€
(約6億)
DF46マッティア・ザノッティイタリア2003年1月11日177cm・65kgインテルユース1試合・0得点350k€
(約0.5億)
DF32フェデリコ・ディマルコイタリア1997年11月10日182cm・78kgシオン32試合・2得点25.00m€
(約38億)
DF29ダウベルトブラジル1993年9月8日181cm・70kgニース28試合・0得点
(カリアリB)
2.00m€
(約3億)
復帰
MF23ニコロ・バレッライタリア1997年2月7日172cm・68kgカリアリ・カルチョ36試合・3得点70.00m€
(約106億)
MF77マルセロ・ブロゾビッチクロアチア1992年11月16日181cm・68kgNKディナモ・ザグレブ35試合・2得点28.00m€
(約42億)
MF20ハカン・チャルハノールトルコ1994年2月8日178cm・69kgACミラン34試合・7得点35.00m€
(約53億)
MF14クリスティアン・アスラーニアルバニア2002年3月9日175cm・64kgエンポリFC23試合・1得点
(エンポリ)
12.00m€
(約18億)
新加入
MF5ロベルト・ガリアルディーニイタリア1994年4月7日188cm・77kgアタランタBC18試合・2得点6.50m€
(約10億)
MF2デンゼル・ダンフリースオランダ1996年4月18日188cm・80kgPSVアイントホーフェン33試合・5得点28.00m€
(約42億)
MF8ロビン・ゴゼンスドイツ1994年7月5日183cm・76kgアタランタBC7試合・0得点18.00m€
(約27億)
MF22ヘンリク・ムヒタリアンアルメニア1989年1月21日177cm・75kgASローマ31試合・5得点
(ローマ)
6.00m€
(約9億)
新加入
MF45バレンティン・カルボーニアルゼンチン2005年3月5日178cm・-kgインテルユース0試合・0得点4.00m€
(約6億)
FW11ホアキン・コレアアルゼンチン1994年8月13日188cm・75kgSSラツィオ26試合・6得点14.00m€
(約21億)
FW10ラウタロ・マルティネスアルゼンチン1997年8月22日174cm・72kgラシン・クルブ35試合・21得点80.00m€
(約121億)
FW90ロメル・ルカクベルギー1993年5月13日190cm・90kgチェルシーFC26試合・8得点
(チェルシー)
40.00m€
(約60億)
新加入
FW9エディン・ジェコボスニア・ヘルツェゴビナ1986年3月17日193cm・80kgASローマ36試合・13得点4.00m€
(約6億)

昨シーズンのインテルはリーグ優勝ボーナスなどにより以前より収入が入ってきましたが、それでも財政難でチャンピオンズリーグ出場権の獲得は必須と言われています。

昨シーズンはUEFAチャンピオンズリーグで準優勝したこともありボーナスが入りましたが、これからもまだまだ好成績を継続する必要があります。

主力DFのバストーニチャルハノールが無事契約延長して戦力を維持していますので、今シーズンの活躍にも期待です。

昨シーズンはナポリが1位独走しましたが、今シーズンのインテルには可能性を感じます!

今シーズンから新加入の選手情報

ポジション選手名移籍クラブ
GKラッファエレ・ディ・ジェンナーログッビオ
GKヤン・ゾマーバイエルン
GKエミル・アウデーロサンプドリア
DFヤン・アウレル・ビセックオーフス
DFバンジャマン・パバールバイエルン
MFダビデ・フラッテージサッスオーロ
MFステファーノ・センシモンツァ
MFルシアン・アグメトロワ
MFファン・クアドラードユベントス
MFカルロス・アウグストモンツァ
MFダフィ・クラーセンアヤックス
FWマルクス・テュラムボルシアMG
FWマルコ・アルナウトビッチボローニャ
FWマルコ・アルナウトビッチボローニャ

オフシーズンに守護神のオナナが移籍したことにより、代わりとしてバイエルンからヤン・ゾマーを獲得しました。

今夏の目玉の一人はダビデ・フラッテージで、買取義務付きローン移籍で獲得しました。

フラッテージはユベントスやミランといった国内チーム、ブライトンやアーセナルなどのイングランド勢と各方面から注目されていましたが、インテルが獲得を決めています。

フラッテージは稼働率が高く、バレッラやブロゾビッチの負担を減らしてくれることにも期待されています。

その他にもファン・クアドラードマルコ・アルナウトビッチなど、ベテランの即戦力も補強しています。

イタリア勢の中でも、積極的に選手を獲得していますね。

冬シーズンの加入選手情報

ポジション選手名移籍クラブ
MFタジョン・ブキャナンクラブ・ブルージュ

オフシーズンで退団した選手情報

ポジション選手名移籍クラブ
GKサミール・ハンダノビッチ未定
GKアレックス・コルダズ未定
GKアンドレ・オナナマンチェスター・ユナイテッド
DFミラン・シュクリニアルパリ・サンジェルマン
DFダニーロ・ダンブロージオモンツァ
DFラウル・ベッラノーバトリノ
DFマッティア・ザノッティザンクト・ガレン
DFダウベルト未定
MFマルセロ・ブロゾビッチアル・ナスル
MFロベルト・ガリアルディーニモンツァ
MFバレンティン・カルボーニモンツァ
MFロビン・ゴゼンスウニオン・ベルリン
FWロメル・ルカクチェルシー
FWエディン・ジェコフェネルバフチェ
FWホアキン・コレアマルセイユ

昨シーズンUEFAチャンピオンズリーグ準優勝の立役者である、守護神のアンドレ・オナナですが、マンチェスター・ユナイテッドへ移籍しました。

圧倒的な身体能力から見せるシュートストップは魅力的でしたが、1シーズンでチームを去りました。

その他ミラン・シュクリニアルマルセロ・ブロゾビッチなど、主力も次々に放出しています。

FW陣の移籍は心配で、前線のポストプレーができるエディン・ジェコがフェネルバフチェへ移籍しました。

さらにロメロ・ルカクですが、一旦保有元のチェルシーへ戻っています。

インテルは公式戦通算37試合の出場で14ゴール7アシストをマークしたルカクに対して契約延長を打診しましたが、ルカク側はユベントスからのアプローチを受けたことからインテルとの連絡を一切絶ってしまいます。

この態度に激怒したインテルは獲得交渉から撤退したそうで、ルカクとインテルとの関係は終わりを迎えそうです。

ルカクはセリエでは活躍していただけに、残念ですね。

冬シーズンの放出選手情報

ポジション選手名移籍クラブ
MFルシアン・アグメセビージャ

インテルミラノの基本戦術 フォーメーションについて

インテルミラノのフォーメーションは、3-5-2で構成されています。

前任のコンテからインザーギ監督に代わってからも3-5-2を継承しつつ、さらに攻撃でアグレッシブかつ守備強度の強いチームへと進化させました。

安定した後方からのビルドアップで敵陣内に侵入すると、ラウタロ・マルティネスやバレッラがスペースへ入り込み決定的なチャンスを作り出しています。

インザーギのサッカーは非常に攻撃的で、パストーニやダルミアンといったサイドのセンターバックがウイングを追い越すことで、数的優位を作り出すことも可能です。

唯一の懸念は昨シーズン前線にジェコやルカクといったボールを収められるプレーヤーが抜けたため、オプションの一つを失ったインテルがどのように戦うのか注目です。

戦力的には優勝に一番近いため、インザーギの手腕には期待ですね。

インテルミラノ 2023-24のキープレーヤー

2023-24シーズンのインテルミラノのキープレイヤーを2名ご紹介します。

ラウタロ・マルティネス|アルゼンチン代表

プロフィール

生年月日:1997年8月22日
身長/体重:174cm・72kg
ポジション:CF
利き足:右
国籍:アルゼンチン
クラブ歴:ラシンクラブ→インテルミラノ
22/23シーズン成績:38試合・21得点・6アシスト
推定市場価格:85.00m€(約135億円)

ラウタロ・マルティネスは、右利きで、ポジションはセンターフォワードです。

背番号10番を背負い、インテルの未来として期待されています。

今シーズンはバレッラという素晴らしいパサーがいるため、裏に抜けからのゴールが期待できます。

マルティネスはフォワードとして特筆したスピードやフィジカルはありませんが、メッシのような細かなドリブルタッチからの突破を得意としています。

174cmと背丈はないものの裏に抜ける巧みさも持ち合わせており、今シーズンもナポリのオシムヘンとどちらが得点王に輝くのか注目です。

ラウタロ・マルティネスは、インテルのエースストライカーとして君臨しています。

ニコロ・バレッラ|イタリア代表

プロフィール

生年月日:1997年2月7日
身長/体重:172cm・68kg
ポジション:CM
利き足:右
国籍:イタリア
クラブ歴:カリアリ→インテルミラノ
22/23シーズン成績:35試合・6得点・6アシスト
推定市場価格:75.00m€(約119億円)

ニコロ・バレッラは、右利きで、ポジションはセントラルミッドフィルダーです。

攻守に渡りハードワークができる豊富な運動量で、チームに欠かせない存在となっています。

攻撃面では積極的に裏へ飛び出し、守備ではしつこくボール保持者に詰め寄り、泥臭くボールを奪い取ります。

実際にバレッラの守備力はデータでも証明されており、過去にはリーグで最もデュエル勝率が高かった選手に輝いています。

カリアリ時代には史上最年少でキャプテンマークを巻き、今では「イタリアの未来」とまで呼ばれています。

攻守どちらも優れていますが、特にボール奪取の守備力に定評のある選手です!

インテルミラノのユニフォーム 2023-24 購入方法

インテルミラノを応援するべくユニフォームを購入したい!方は、KAMOなどの専門のショップや楽天・Amazonなどでも購入が可能です!

ユニフォームを着て一緒に応援しましょう!

まとめ

いかがでしたか。

今回は、インテルミラノのフォーメーション・スタメン・選手メンバーについて詳しく解説してきました。

昨シーズンはUEFAチャンピオンズリーグ準優勝と欧州の舞台で結果を残しましたが、リーグはナポリにぶっちぎりで勝ち点の差を付けられてしまいました。

今シーズンは戦力の厚さを活かしてリーグとチャンピオンズリーグどちらとも結果を残してほしいですね。

ご覧いただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

サッカー経験10年・海外サッカー観戦歴14年の「guna」です。名前からお察しの方もいると思いますが、海外サッカーではプレミアリーグのアーセナルを応援しています。(アーセナルファンの名称がグーナー)
主にはプレミアリーグの試合を観戦しておりますが、長年のサッカー好きが高じて、3年前よりスポーツライターとして活動しております。「スポログ!」を通じて、スポーツへの関心や挑戦のきっかけになれれば嬉しいです。

目次