MENU
カテゴリー
おすすめサービス
\ 楽天ポイント最大9倍! / 詳細を見る

【2023-24】ブレントフォードFCのフォーメーション・スタメン・選手メンバーを詳しく解説!

ブレントフォードFCは、イングランドのプレミアリーグに所属するチームです。

2020/21シーズンにプレーオフで1947年以来74年ぶりのトップリーグ昇格を決め、今シーズンで無事プレミアリーグ2シーズン目を過ごすこととなりました。

今シーズンは選手の平均市場価値がリーグで下から数えた方が早いものの、トップ10入りを確定させる強さを見せています。

そこで今回は、強さの秘訣を解剖すべくブレントフォードFCのフォーメーション・スタメン・選手メンバーについて詳しく解説していきます。

それでは見ていきましょう!

目次

ブレントフォードFCとは

概要内容
クラブ名ブレントフォードFC
設立年1889年
ホームタウンブレントフォード
スタジアムブレントフォード・コミュニティ・スタジアム
収容人数18,250人
クラブの愛称ビーズ(蜂)
監督トーマス・フランク
メインスポンサーHollywoodbets(南アフリカに本拠を置くスポーツ賭博会社)
umbro(ユニフォームサプライヤー)
国内獲得タイトルフットボールリーグ・セカンドディヴィジョン:1回
フットボールリーグ・サードディヴィジョン:1回
フットボールリーグ・サードディヴィジョン・サウス:1回
フットボールリーグ・フォースディヴィジョン:3回
ロンドン・ワー・カップ:1回
国際獲得タイトルなし
平均年齢25.6歳

ブレントフォードFCは、イギリスのウエスト(西)ロンドンに位置するチームです。

ファンからはBees(ビーズ)の愛称で親しまれ、エンブレムも蜂が描かれています。

ロンドンを本拠地としていますので、他のロンドンを本拠地とするクラブとはライバル関係にあり、ロンドンダービーと称して熱い戦いが繰り広げられています。

ロンドン本拠地のチーム
  • アーセナル
  • チェルシー
  • クリスタル・パレス
  • トッテナム・ホットスパー
  • ブレントフォードFC
  • フラムFC

この6チームの中でも、とくに同じウエストロンドンが本拠地のチェルシー、フラムと最大のライバル関係にあります。

ちなみに現在はリーグが違いますが、さらに強いライバル関係はQPRとされています。

チームは2020/21シーズンの昇格プレーオフでフラムFCに負け苦汁を飲みますが、翌シーズンにも昇格プレーオフのチャンスが巡ってきて、見事リベンジを果たし昇格します。

監督は、2018-19シーズンから継続してトーマス・フランク氏が指揮しています。

ロンドンは東京と比べると約7割の面積ですので、いかにロンドンがサッカークラブでひしめいているかが分かりますね。

【2023-24】ブレントフォードFC 選手メンバー一覧

スクロールできます
ポジション背番号選手名国籍生年月日身長・体重前所属昨シーズン成績(所属チーム)市場価値
(2023年8月時点)
備考
GK1マルク・フレッケンオランダ1993年6月13日195cm・87kgフライブルク34試合・0得点
(フライブルク)
10.00m€
(約16億円)
新加入
GK21トマシュ・ストラコシャアルバニア1995年3月19日192cm・80kgラツィオ0試合・0得点3.50m€
(約6億円)
GK40エレリー・バルカムイングランド1999年10月15日190cm・76kgブリストル8試合・0得点
(ブリストル)
300k€
(約5千万円)
復帰
CB20クリストファー・アイェルノルウェー1998年4月17日196cm・84kgセルティック9試合・0得点16.00m€
(約25億円)
CB22ネイサン・コリンズアイルランド2001年4月30日193cm・89kgウォルバーハンプトン26試合・0得点
(ウォルバーハンプトン)
22.00m€
(約35億円)
新加入
CB5イーサン・ピンノックジャマイカ1993年5月29日187cm・79kgバーンズリー30試合・3得点14.00m€
(約22億円)
CB29マッツ・ベック・セーレンセンデンマーク1999年1月7日189cm・87kgフローニンゲン11試合・0得点
(フローニンゲン)
2.50m€
(約4億円)
復帰
CB16ベン・ミーイングランド1989年9月21日180cm・74kgバーンリー37試合・3得点2.00m€
(約3億円)
CB13マティアス・ヨルゲンセンデンマーク1990年4月23日191cm・79kgフェネルバフチェ18試合・0得点1.50m€
(約2億円)
CB4チャーリー・グッドイングランド1995年8月3日196cm・86kgブラックプール2試合・0得点
(ブラックプール)
600k€
(約9千万円)
復帰
RSB2アーロン・ヒッキースコットランド2002年6月10日175cm・70kgボローニャ26試合・0得点25.00m€
(約40億円)
RSB30マッツ・ルアスレウデンマーク1999年6月24日184cm・67kgヴェンシュセル20試合・0得点6.00m€
(約10億円)
LSB3リコ・ヘンリーイングランド1997年7月8日170cm・67kgウォルソール37試合・0得点28.00m€
(約45億円)
CM8マティアス・イェンセンデンマーク1996年1月1日180cm・71kgセルタ37試合・5得点22.00m€
(約35億円)
CM27ヴィタリー・ヤネルトドイツ1998年5月10日184cm・79kgボーフム35試合・3得点20.00m€
(約32億円)
CM6クリスティアン・ノアゴーデンマーク1994年3月10日187cm・76kgフィオレンティーナ22試合・1得点16.00m€
(約25億円)
CM10ジョシュ・ダシルバイングランド1998年10月23日184cm・71kgアーセナル36試合・4得点16.00m€
(約25億円)
CM15フランク・オニェカナイジェリア1998年1月1日183cm・78kgミッティラン21試合・0得点8.00m€
(約13億円)
CM26シャンドン・バプティストグレナダ1998年4月8日175cm・65kgオックスフォード23試合・0得点3.00m€
(約5億円)
RW19ブライアン・エムベウモカメルーン1999年8月7日171cm・70kgトロワ38試合・9得点35.00m€
(約56億円)
RW9ケビン・シャーデドイツ2001年11月27日183cm・74kgフライブルク18試合・0得点25.00m€
(約40億円)
LW11ヨアネ・ウィザDRコンゴ1996年9月3日176cm・74kgロリアン38試合・7得点18.00m€
(約29億円)
LW24ミッケル・ダムスゴーデンマーク2000年7月3日180cm・71kgサンプドリア26試合・0得点13.00m€
(約21億円)
LW23キーン・ルイス=ポッターイングランド2001年2月22日170cm・67kgハル・シティ10試合・0得点12.00m€
(約19億円)
CF17イバン・トニーイングランド1996年3月16日179cm・70kgピーターバラ33試合・20得点35.00m€
(約56億円)
CF7ニール・モパイフランス1996年8月14日173cm・69kgエバートン27試合・1得点
(エバートン)
10.00m€
(約16億円)
新加入
【2022-23】ブレントフォードFC 選手メンバー一覧
スクロールできます
ポジション背番号選手名国籍生年月日身長・体重前所属昨シーズン成績(所属チーム)市場価値備考
GK1ダビド・ラジャスペイン1995年9月15日183cm・70kgブラックバーン24試合・0得点25.00m€
(約38億円)
GK22トマシュ・ストラコシャアルバニア1995年3月19日192cm・80kgラツィオ23試合・0得点
(ラツィオ)
4.00m€
(約6億円)
新加入
DF20クリストファー・アイェルノルウェー1998年4月17日196cm・84kgセルティック24試合・1得点16.00m€
(約24億円)
DF5イーサン・ピンノックジャマイカ1993年5月29日187cm・79kgバーンズリー32試合・1得点12.00m€
(約18億円)
DF18ポントゥス・ヤンソンスウェーデン1991年2月13日194cm・89kgリーズ37試合・3得点5.00m€
(約8億円)
キャプテン
DF16ベン・ミーイングランド1989年9月21日180cm・74kgバーンリー21試合・3得点
(バーンリー)
1.80m€
(約3億円)
新加入
DF13マティアス・ヨルゲンセンデンマーク1990年4月23日191cm・79kgフェネルバフチェ8試合・1得点
DF30マッツ・ルアスレウデンマーク1999年6月24日184cm・67kgヴェンシュセル21試合・1得点2.20m€
(約3億円)
DF33フィン・スティーブンスウェールズ2003年4月10日173cm・73kgスウォンジー1試合・0得点400k€
(約6千万円)
復帰
DF3リコ・ヘンリーイングランド1997年7月8日170cm・67kgウォルソール34試合・3得点22.00m€
(約33億円)
DF2アーロン・ヒッキースコットランド2002年6月10日175cm・70kgボローニャ36試合・5得点
(ボローニャ)
18.00m€
(約27億円)
新加入
MF27ヴィタリー・ヤネルトドイツ1998年5月10日184cm・79kgボーフム31試合・4得点16.00m€
(約24億円)
MF6クリスティアン・ノアゴーデンマーク1994年3月10日187cm・76kgフィオレンティーナ35試合・3得点14.00m€
(約21億円)
MF8マティアス・イェンセンデンマーク1996年1月1日180cm・71kgセルタ31試合・0得点14.00m€
(約21億円)
MF10ジョシュ・ダシルバイングランド1998年10月23日184cm・71kgアーセナル9試合・0得点9.00m€
(約14億円)
MF15フランク・オニェカナイジェリア1998年1月1日183cm・78kgミッティラン20試合・0得点9.00m€
(約14億円)
MF26シャンドン・バプティストグレナダ1998年4月8日175cm・65kgオックスフォード22試合・1得点3.00m€
(約5億円)
MF14サマン・ゴドスイラン1993年9月6日176cm・75kgアミアン17試合・1得点2.20m€
(約3億円)
FW19ブライアン・エムベウモカメルーン1999年8月7日171cm・70kgトロワ35試合・4得点28.00m€
(約42億円)
FW9ケビン・シャーデドイツ2001年11月27日183cm・74kgフライブルク21試合・4得点
(フライブルク)
20.00m€
(約30億円)
新加入
FW23キーン・ルイス=ポッターイングランド2001年2月22日170cm・67kgハル・シティ46試合・12得点
(ハル・シティ)
15.00m€
(約23億円)
新加入
FW11ヨアネ・ウィザDRコンゴ1996年9月3日176cm・74kgロリアン30試合・7得点15.00m€
(約23億円)
FW24ミッケル・ダムスゴーデンマーク2000年7月3日180cm・71kgサンプドリア11試合・0得点
(サンプドリア)
15.00m€
(約23億円)
新加入
FW17イバン・トニーイングランド1996年3月16日179cm・70kgピーターバラ33試合・12得点50.00m€
(約75億円)
長期出場停止中

チームでも絶対的エースでイングランド代表にも選出されているイバン・トニーですが、262件の賭博規則違反容疑がかけられていました。

そしてFAの調査の結果、8カ月のサッカー活動禁止と約860万円の罰金が決定しました。

タイミングとしては昨シーズン残り2試合を残しての決定で、リーグ終了してからの処分でも良かったのではという声も一部では上がっています。

イバン・トニーは8か月の活動禁止ですので、期間は2024年の1月16日までとなります。
過去には10年間で1260試合に賭博を行った元イングランド代表MFジョーイ・バートン氏がいますが、そのときは5か月間の活動禁止でしたので、それと比べるとやや重たい決定と言えるでしょうか。

今シーズンから新加入の選手情報

ポジション選手名移籍クラブ
GKマルク・フレッケンフライブルク
GKエレリー・バルカムブリストル
DFチャーリー・グッドブラックプール
DFネイサン・コリンズウォルバーハンプトン
FWニール・モパイエバートン

ブレントフォードは今シーズン、フライブルクの守護神マルク・フレッケンを獲得しました。

フレッケンは昨シーズン、リーグ戦で13ものクリーンシートを達成しており、チームの上位フィニッシュへ大きく貢献しました。

守護神ラヤがアーセナルへ移籍したため、即座に正ゴールキーパーの補強へ動いていますね。

さらにウォルバーハンプトンから、逸材DFのネイサン・コリンズを約42億円で獲得しました。

193cmの恵まれた体格と高いアスリート能力を生かした圧倒的な対人能力で、ウルブスでも主力として活躍していました。

ストーク時代に最年少でのゲームキャプテンを務めるなどリーダーシップと統率力にも優れており、プレミアリーグ屈指の若手センターバックとして評価が高まっています。

数多のビッグクラブが獲得を狙う逸材も、プレミアリーグの中堅チームが獲得することはよくあり、それがリーグの面白みに繋がる一つとも言えます!

冬シーズンの加入選手情報

ポジション選手名移籍クラブ
GKハーコン・バルディマルソンエルフスボリ
DFセルヒオ・レギロンマンチェスター・ユナイテッド
MFユヌス・エムレ・コナクスィヴァススポル
MFライアン・トレビットエクスター・シティ

オフシーズンで退団した選手情報

ポジション選手名移籍クラブ
GKマシュー・コックスブリストル
GKダビド・ラジャアーセナル
DFポントゥス・ヤンソンマルメFF
DFフィン・スティーブンスオックスフォード
MFサマン・ゴドス未定

オフシーズンには、チームの守護神であるダビド・ラジャがアーセナルへ移籍しました。

ラジャはビルドアップやDFの裏のスペースのカバーリングを行える現代的なGKで、デ・ヘアを差し置いてスペイン代表にも選ばれている逸材です。

特に高精度な長短パスが得意で、ブレントフォードでも一番後ろから試合の組み立てに参加していました。

アーセナルでは正ゴールキーパーのラムズデールがおり、本人にとって移籍が正解だったかはシーズン終了後に分かりそうです。

冬シーズンの放出選手情報

ポジション選手名移籍クラブ
DFチャーリー・グッドウィガン
MFマイルズ・パート=ハリスポーツマス

ブレントフォードFCの基本戦術 フォーメーションについて

ブレントフォードFCの基本フォーメーションは、4-3-3で構成されています。

格上チームが相手の時は3-5-2とフォーメーションを変更してサイドハーフが下がり、守備時は5バックで対応します。

さらには残りの中盤3枚も引いて徹底的にブロックを敷くことで、簡単に崩されない陣形を作り出します。

ブレントフォードの戦い方は、サイドハーフの運動量によって出来が大きく変わってくるということですね。

格上チームとの対戦時にはカウンターがメインとなりますが、ストライカーであるトニーの長期欠場が試合にどこまで響くかが注目となりそうです。

監督のトーマス・フランク氏はプロとしてプレーした経験はないものの、相手に合わせてフォーメーションを柔軟に変えていく優れた戦術家です。

ブレントフォードFC 2023-24のキープレーヤー

2023-24シーズンのブレントフォードFCのキープレイヤーを1名ご紹介します。

イバン・トニー|イングランド代表

プロフィール

生年月日:1996年3月16日
身長/体重:179cm・70kg
ポジション:FW
利き足:右
国籍:イングランド
クラブ歴:ノーサンプトン・タウン→ニューカッスル・ユナイテッド→ピーターバラ・ユナイテッド→ブレントフォードFC
22/23シーズン成績:33試合・20得点・4アシスト
推定市場価格:35.00m€(約56億円)

イバン・トニーは右利きの選手で、ポジションはセンターフォワードです。

プレミアリーグ屈指のストライカーとして知られ、得点能力と決定力も高いためブレントフォードのカウンターサッカーへ非常にマッチしています。

昨シーズンもリーグで20得点を記録していますが、賭博規則違反容疑で8か月の出場停止が確定しています。

一番の得点源を失うブレントフォードは非常に痛手ですね。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、ブレントフォードFCのフォーメーション・スタメン・選手メンバーについて詳しく解説してきました。

エースストライカーのイバン・トニーが長期出場停止になり、今シーズンが正念場のブレントフォード。

代役のストライカーを確保するのか、どのような動きを見せるか今後に注目です。

ご覧いただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

サッカー経験10年・海外サッカー観戦歴14年の「guna」です。名前からお察しの方もいると思いますが、海外サッカーではプレミアリーグのアーセナルを応援しています。(アーセナルファンの名称がグーナー)
主にはプレミアリーグの試合を観戦しておりますが、長年のサッカー好きが高じて、3年前よりスポーツライターとして活動しております。「スポログ!」を通じて、スポーツへの関心や挑戦のきっかけになれれば嬉しいです。

目次