MENU
カテゴリー
おすすめサービス
\ 楽天ポイント最大9倍! / 詳細を見る

【2023-24】AFCボーンマスのフォーメーション・スタメン・選手メンバーを詳しく解説!

AFCボーンマスは、イングランドのプレミアリーグに所属するチームです。

2021-22シーズンにチャンピオンズリーグ2位で昇格したチームで、戦力的にもまずは残留が目標といったチームです。

今回は、AFCボーンマスのフォーメーション・スタメン・選手メンバーについて詳しく解説していきます。

それでは見ていきましょう!

目次

AFCボーンマスとは

概要内容
クラブ名アソシエイション・フットボール・クラブ・ボーンマス
設立年1899年
ホームタウンボーンマス
スタジアムヴァイタリティー・スタジアム
収容人数11,329人
クラブの愛称チェリーズ(Cherries)
監督アンドニ・イラオラ
メインスポンサーDafabet(フィリピン本社のスポーツベットメーカー)
Umbro(ユニフォームサプライヤー)
国内獲得タイトルフットボールリーグ・チャンピオンシップ:1回
フットボールリーグトロフィー:1回
フットボールリーグ・サードディヴィジョン:1回
国際獲得タイトルなし
平均年齢25.8歳

AFCボーンマスは、イングランドのプレミアリーグに所属するチームです。

ボーンマスはイギリス南部ドーセットにある美しい海岸都市で、リゾート地として人気の高い場所として知られています。

美しい景観などがあいまって土地住民の満足度も高く、「イギリス一幸せな街」に選ばれたこともあるほどです。

ボーンマスの愛称はチェリーズで、チームカラーの赤をさくらんぼの色に見立てて名付けられています。

チームは2014-15シーズンに2部で優勝し、創設125年にして初のプレミアリーグ昇格を決めました。

その後2019-20シーズンに降格しますが、2021-22シーズンのチャンピオンシップで15試合無敗を記録するなどの強さを見せ、2シーズンぶりにプレミアリーグ復帰を果たします。

昨シーズンはファーストチームのコーチだったガリー・オニール氏が暫定監督として指揮しますが、チームを復調させたことが評価され、そのまま正式に監督として就任しました。

フィリップ・ビリングの前線へのコンバートなど功績を残しましたが、今シーズンからはまた監督が代わりアンドニ・イラオラ氏が就任しています。

クラブの歴史は長いですが、プレミアリーグへ挑戦できるようになったのは割と近年の話ということですね!

【2023-24】AFCボーンマス 選手メンバー一覧

スクロールできます
ポジション背番号選手名国籍生年月日身長・体重前所属昨シーズン成績(所属チーム)市場価値
(2023年8月時点)
備考
GK20ヨヌツ・ラドゥルーマニア1997年5月28日188cm・70kgオセール17試合・0得点
(オセール)
3.50m€
(約6億円)
新加入
GK1ネトブラジル1989年7月19日190cm・84kgバルセロナ27試合・0得点2.50m€
(約4億円)
キャプテン
GK12ダレン・ランドルフアイルランド1987年5月12日188cm・98kgウエストハム0試合・0得点400k€
(約6千万円)
CB25マルコス・セネシアルゼンチン1997年5月10日185cm・80kgフェイエノールト31試合・2得点22.00m€
(約35億円)
CB27イリア・ザバルニーウクライナ2002年9月1日186cm・80kgディナモ・キエフ5試合・0得点20.00m€
(約32億円)
CB5ロイド・ケリーイングランド1998年10月6日190cm・76kgブリストル・シティ23試合・0得点18.00m€
(約28億円)
CB6クリス・メファムウェールズ1997年11月5日191cm・84kgブレントフォード26試合・0得点8.00m€
(約13億円)
CB23ジェームズ・ヒルイングランド2002年1月10日184cm・73kgハーツ10試合・0得点
(ハーツ)
復帰
RSB37マックス・アーロンズイングランド2000年1月4日178cm・69kgノリッジ45試合・1得点
(ノリッジ)
16.00m€
(約25億円)
新加入
RSB2ライアン・フレデリクスイングランド1992年10月10日190cm・80kgウエストハム12試合・0得点22.00m€
(約35億円)
RSB15アダム・スミスイングランド1991年4月29日180cm・78kgトッテナム37試合・0得点1.50m€
(約2億円)
LSB3ミロシュ・ケルケズハンガリー2003年11月7日180cm・71kgAZ33試合・3得点
(AZ)
15.00m€
(約24億円)
新加入
CM29フィリップ・ビリングデンマーク1996年6月11日192cm・88kgハダースフィールド36試合・7得点20.00m€
(約32億円)
CM18タイラー・アダムスアメリカ1999年2月14日175cm・72kgリーズ24試合・0得点
(リーズ)
18.00m€
(約28億円)
新加入
CM14アレックス・スコットイングランド2003年8月21日178cm・68kgブリストル42試合・1得点
(ブリストル)
20.00m€
(約32億円)
新加入
CM4ルイス・クックイングランド1997年2月3日175cm・71kgリーズ28試合・0得点10.00m€
(約16億円)
CM8ジョー・ロズウェルイングランド1995年1月11日185cm・77kgブラックバーン20試合・0得点4.00m€
(約6億円)
CM26ギャビン・キルケニーアイルランド2000年2月1日170cm・64kgチャールトン8試合・0得点
(チャールトン)
400k€
(約6千万円)
復帰
LM16マーカス・タバーニアイングランド1999年3月22日178cm・70kgミドルスブラ23試合・5得点17.00m€
(約27億円)
AM22ハメド・ジュニオール・トラオレコートジボワール2000年2月16日184cm・77kgサッスオーロ7試合・0得点22.00m€
(約35億円)
AM10ライアン・クリスティスコットランド1995年2月22日178cm・79kgセルティック32試合・1得点10.00m€
(約16億円)
AMエミリアーノ・マルコンデスデンマーク1995年3月9日182cm・75kgノアシェラン8試合・3得点
(ノアシェラン)
1.50m€
(約2億円)
復帰
RW11ダンゴ・ワッタラブルキナファソ2002年2月11日177cm・71kgロリアン19試合・1得点25.00m€
(約40億円)
RW7デイビッド・ブルックスウェールズ1997年7月8日173cm・62kgシェフィールド・ユナイテッド6試合・0得点12.00m€
(約19億円)
LW17ルイス・シニステラコロンビア1999年6月17日172cm・60kgリーズ19試合・5得点
(リーズ)
22.00m€
(約35億円)
新加入
LW19ユスティン・クライファートオランダ1999年5月5日171cm・66kgバレンシア26試合・6得点
(バレンシア)
14.00m€
(約22億円)
新加入
CF9ドミニク・ソランキイングランド1997年9月14日186cm・80kgリバプール33試合・6得点20.00m€
(約32億円)
CF24アントワーヌ・セメニョガーナ2000年1月7日185cm・72kgブリストル・シティ11試合・1得点9.00m€
(約14億円)
CF21キーファー・ムーアウェールズ1992年8月8日196cm・83kgカーディフ27試合・4得点4.00m€
(約6億円)
【2022-23】AFCボーンマス 選手メンバー一覧
スクロールできます
ポジション背番号選手名国籍生年月日身長・体重前所属昨シーズン成績(所属チーム)市場価値備考
GK13ネトブラジル1989年7月19日190cm・84kgバルセロナ27試合・0得点2.50m€
(約4億円)
新加入/キャプテン
GK1マーク・トラバースアイルランド1999年5月18日191cm・82kgスウィンドン12試合・0得点2.00m€
(約4億円)
GK12ダレン・ランドルフアイルランド1987年5月12日188cm・98kgウエストハム0試合・0得点500k€
(約7千万円)
新加入
DF27イリア・ザバルニーウクライナ2002年9月1日186cm・80kgディナモ・キエフ5試合・0得点18.00m€
(約27億円)
新加入
DF25マルコス・セネシアルゼンチン1997年5月10日185cm・80kgフェイエノールト31試合・2得点17.00m€
(約26億円)
新加入
DF5ロイド・ケリーイングランド1998年10月6日190cm・76kgブリストル・シティ23試合・0得点15.00m€
(約23億円)
DF6クリス・メファムウェールズ1997年11月5日191cm・84kgブレントフォード26試合・0得点6.00m€
(約9億円)
DF3ジャック・スティーブンスイングランド1994年1月27日185cm・75kgサウサンプトン15試合・0得点200k€
(約3千万円)
新加入
DF17ジャック・ステイシーイングランド1996年4月6日181cm・85kgルートン10試合・0得点3.00m€
(約5億円)
DF2ライアン・フレデリクスイングランド1992年10月10日190cm・80kgウエストハム12試合・0得点2.00m€
(約4億円)
新加入
DF15アダム・スミスイングランド1991年4月29日180cm・78kgトッテナム37試合・0得点1.50m€
(約2億円)
DF18マティアス・ビーニャウルグアイ1997年11月9日176cm・70kgローマ12試合・2得点6.00m€
(約9億円)
新加入
DF33ジョーダン・ゼムラジンバブエ1999年11月14日173cm・63kgチャールトンユース19試合・0得点4.00m€
(約6億円)
MF29フィリップ・ビリングデンマーク1996年6月11日192cm・88kgハダースフィールド36試合・7得点18.00m€
(約27億円)
MF8ジェフェルソン・レルマコロンビア1994年10月25日179cm・70kgレバンテ37試合・5得点15.00m€
(約23億円)
MF4ルイス・クックイングランド1997年2月3日175cm・71kgリーズ28試合・0得点10.00m€
(約15億円)
MF14ジョー・ロズウェルイングランド1995年1月11日185cm・77kgブラックバーン20試合・0得点3.50m€m€
(約5億円)
新加入
MF16マーカス・タバーニアイングランド1999年3月22日178cm・70kgミドルスブラ23試合・5得点15.00m€
(約23億円)
新加入
MF22ハメド・ジュニオール・トラオレコートジボワール2000年2月16日184cm・77kgサッスオーロ7試合・0得点22.00m€
(33億円)
新加入
MF10ライアン・クリスティスコットランド1995年2月22日178cm・79kgセルティック32試合・1得点9.00m€
(約14億円)
FW11ダンゴ・ワッタラブルキナファソ2002年2月11日177cm・71kgロリアン19試合・1得点20.00m€
(約30億円)
新加入
FW7デイビッド・ブルックスウェールズ1997年7月8日173cm・62kgシェフィールド・ユナイテッド6試合・0得点12.00m€
(約18億円)
FW32ジェイドン・アンソニーイングランド1999年12月1日183cm・68kgウェーマス27試合・4得点5.00m€
(約8億円)
FW19ジュニア・スタニスラスイングランド1989年11月26日183cm・76kgバーンリー4試合・0得点700k€
(約1千万円)
FW9ドミニク・ソランキイングランド1997年9月14日186cm・80kgリバプール33試合・6得点18.00m€
(約27億円)
FW24アントワーヌ・セメニョガーナ2000年1月7日185cm・72kgブリストル・シティ11試合・1得点9.00m€
(約14億円)
新加入
FW21キーファー・ムーアウェールズ1992年8月8日196cm・83kgカーディフ27試合・4得点4.00m€
(約6億円)

今シーズンは、GKのネトがキャプテンを務めています。

ネトはユベントスやバルセロナといった一流クラブを渡り歩いた実績から信頼されていることが分かります。

経験豊富な守護神がいると安心感が違いますね!

今シーズンから新加入の選手情報

ポジション選手名移籍クラブ
GKヨヌツ・ラドゥオセール
DFジェームズ・ヒルハーツ
DFミロシュ・ケルケズAZ
DFマックス・アーロンズノリッジ
MFギャビン・キルケニーチャールトン
MFエミリアーノ・マルコンデスノアシェラン
MFアレックス・スコットブリストル
MFタイラー・アダムスリーズ
FWユスティン・クライファートバレンシア
FWルイス・シニステラリーズ

今シーズンのボーンマスは、若手の有望株でハンガリー代表のDFミロシュ・ケルケズを獲得しました。

ケルケズは左サイドバックの主軸としてプレーし、日本代表DF菅原由勢と両サイドでコンビを組んでいました。

同じくDFで新加入のマックス・アーロンズも、バルセロナなどが獲得を狙っていた注目のサイドバックです。

チャンピオンシップのブリストルに所属していたアレックス・スコットも、昨シーズン最優秀若手選手に選ばれるなど、目覚ましい活躍を披露していました。

リバプールやブライトン、ウルヴァーハンプトンも狙っていましたが、ボーンマスが争奪戦を制しています。

実力十分の即戦力だと、アメリカ代表の心臓タイラー・アダムスを獲得しています。

アダムスはチェルシー行きが濃厚とされていましたが、チェルシーが同ポジションのカイセドを獲得したことで移籍がとん挫し、ボーンマスへ加入しています。

今シーズンは若手有望株も多く、期待のできる補強です!

冬シーズンの加入選手情報

ポジション選手名移籍クラブ
MFロマン・フェーブルロリアン
FWエネス・ウナルヘタフェ

オフシーズンで退団した選手情報

ポジション選手名移籍クラブ
GKマーク・トラバースストーク
DFジャック・スティーブンスサウサンプトン
DFジャック・ステイシーノリッジ
DFマティアス・ビーニャサッスオーロ
DFジョーダン・ゼムラウディネーゼ
MFジェフェルソン・レルマクリスタル・パレス
FWジュニア・スタニスラス未定
FWシリキ・デンベレバーミンガム
FWジェイドン・アンソニーリーズ

オフシーズンには、コロンビア代表の守備職人ジェフェルソン・レルマがクリスタル・パレスへ移籍しています。

レルマの代わりにアダムスを獲得しており、目立った主力放出のなかったボーンマスには期待が持てます。

AFCボーンマスの基本戦術 フォーメーションについて

AFCボーンマスのフォーメーションは、4-2-3-1で構成されています。

攻撃時にはボールを可能な限り早くゴールまで運ぶことを基本とし、前線へのロングボールも多用します。

新監督のイラオラは、ボールを奪われればすぐさまプレッシングを開始する切り替えの速さを大事にしており、切り替えの早いプレミアリーグに適した思考を持ち合わせています。

小さなクラブを躍進させることを得意としているイラオラ監督は、若手主体でエネルギッシュなフットボールを体現するのに最も適しているのかもしれません。

イラオラは下位クラブとしての戦い方を熟知しており、ボーンマスが招聘したのも納得がいきますね。

冬シーズンの放出選手情報

ポジション選手名移籍クラブ
MFジョー・ロズウェルサウサンプトン
MFハメド・ジュニオール・トラオレナポリ
MFエミリアーノ・マルコンデスハイバーニアン
MFギャビン・キルケニーフリートウッド
FWデイビッド・ブルックスサウサンプトン
FWキーファー・ムーアイプスウィッチ

AFCボーンマス 2023-24のキープレーヤー

2023-24シーズンのAFCボーンマスのキープレイヤーを1名ご紹介します。

フィリップ・ビリング|デンマーク代表

プロフィール

生年月日:1996年6月11日
身長/体重:192cm・88kg
ポジション:MF
利き足:左
国籍:デンマーク
クラブ歴:ハダースフィールド→AFCボーンマス
22/23シーズン成績:36試合・7得点・1アシスト
推定市場価格:20.00m€(約32億円)

フィリップ・ビリングは左利きの選手で、ポジションはセントラルミッドフィルダーです。

192センチという長身を生かした空中戦の強さはもちろんのこと、ロングスローも一つの武器です。

高身長ながら小回りも利く選手で、長い手足を活かして相手のボールを絡め取ります。

守備的な役割をこなしつつ、前線でのポジションへコンバートされたことから、得点源としても期待されています。

油断すると長い脚が伸びてきますので、相手からすると非常に厄介ですね!

まとめ

いかがでしたか。

今回は、AFCボーンマスのフォーメーション・スタメン・選手メンバーについて詳しく解説してきました。

昨シーズンはシーズン序盤での監督解任劇でドタバタしていましたが、なんとか立て直しプレミアリーグでも通用すると証明しています。

今シーズンは期待の持てる補強もしていますので、上位に食い込めるのか注目です。

ご覧いただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

サッカー経験10年・海外サッカー観戦歴14年の「guna」です。名前からお察しの方もいると思いますが、海外サッカーではプレミアリーグのアーセナルを応援しています。(アーセナルファンの名称がグーナー)
主にはプレミアリーグの試合を観戦しておりますが、長年のサッカー好きが高じて、3年前よりスポーツライターとして活動しております。「スポログ!」を通じて、スポーツへの関心や挑戦のきっかけになれれば嬉しいです。

目次