MENU
カテゴリー
おすすめサービス
\ 楽天ポイント最大9倍! / 詳細を見る

【2024年最新】バロンドールの歴代受賞者&歴代受賞回数ランキングを徹底解説!

バロンドールはサッカーにおいて世界一の選手の称号で、サッカー選手であれば誰しもが憧れる栄誉ある賞の一つです。

近年はクリスティアーノ・ロナウドもしくはリオネル・メッシが受賞することが多く、バロンドールと言えばC・ロナウドかメッシという印象を持っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、バロンドールの歴代受賞者や歴代受賞回数ランキング、バロンドールのルーツや投票方法についても詳しく解説していきます。

それでは見ていきましょう!

目次

バロンドールの歴代受賞者について

まずは年度別の表彰者を見てみましょう。

スクロールできます
年度選手名所属
2023年リオネル・メッシアルゼンチンインテル・マイアミ
2022年カリム・ベンゼマフランスレアル・マドリード
2021年リオネル・メッシアルゼンチンパリ・サンジェルマン
2020年中止
2019年リオネル・メッシアルゼンチンバルセロナ
2018年ルカ・モドリッチクロアチアレアル・マドリード
2017年クリスティアーノ・ロナウドポルトガルレアル・マドリード
2016年クリスティアーノ・ロナウドポルトガルレアル・マドリード
2015年リオネル・メッシアルゼンチンバルセロナ
2014年クリスティアーノ・ロナウドポルトガルレアル・マドリード
2013年クリスティアーノ・ロナウドポルトガルレアル・マドリード
2012年リオネル・メッシアルゼンチンバルセロナ
2011年リオネル・メッシアルゼンチンバルセロナ
2010年リオネル・メッシアルゼンチンバルセロナ
2009年リオネル・メッシアルゼンチンバルセロナ
2008年クリスティアーノ・ロナウドポルトガルマンチェスター・U
2007年カカブラジルミラン
2006年ファビオ・カンナヴァーロイタリアユヴェントス
2005年ロナウジーニョブラジルバルセロナ
2004年アンドリー・シェフチェンコウクライナミラン
2003年パベル・ネドベドチェコユヴェントス
2002年ロナウドブラジルレアル・マドリード
2001年マイケル・オーウェンイングランドリヴァプール
2000年ルイス・フィーゴポルトガルレアル・マドリード
1999年リバウドブラジルバルセロナ
1998年ジネディーヌ・ジダンフランスユヴェントス
1997年ロナウドブラジルインテル
1996年マティアス・ザマードイツドルトムント
1995年ジョージ・ウェアリベリアミラン
1994年フリスト・ストイチコフブルガリアバルセロナ
1993年ロベルト・バッジョイタリアユヴェントス
1992年マルコ・ファン・バステンオランダミラン
1991年ジャン=ピエール・パパンフランスマルセイユ
1990年ローター・マテウスドイツインテル
1989年マルコ・ファン・バステンオランダミラン
1988年マルコ・ファン・バステンオランダミラン
1987年ルート・フリットオランダミラン
1986年イゴーリ・ベラノフソビエト連邦ディナモ・キエフ
1985年ミシェル・プラティニフランスユヴェントス
1984年ミシェル・プラティニフランスユヴェントス
1983年ミシェル・プラティニフランスユヴェントス
1982年パオロ・ロッシイタリアユヴェントス
1981年カール=ハインツ・ルンメニゲ西ドイツバイエルン
1980年カール=ハインツ・ルンメニゲ西ドイツバイエルン
1979年ケビン・キーガンイングランドハンブルガーSV
1978年ケビン・キーガンイングランドハンブルガーSV
1977年アラン・シモンセンデンマークボルシアMG
1976年フランツ・ベッケンバウアー西ドイツバイエルン
1975年オレグ・ブロヒンソビエト連邦ディナモ・モスクワ
1974年ヨハン・クライフオランダアヤックス
1973年ヨハン・クライフオランダアヤックス
1972年フランツ・ベッケンバウアー西ドイツバイエルン
1971年ヨハン・クライフオランダアヤックス
1970年ゲルト・ミュラー西ドイツバイエルン
1969年ジャンニ・リベライタリアミラン
1968年ジョージ・ベスト北アイルランドマンチェスター・U
1967年アルベルト・フローリアンハンガリーフェレンツ・ヴァーロシュ
1966年ボビー・チャールトンイングランドマンチェスター・U
1965年エウゼビオポルトガルベンフィカ
1964年デニス・ロースコットランドマンチェスター・U
1963年レフ・ヤシンソビエト連邦ディナモ・モスクワ
1962年ヨゼフ・マソプストチェコスロバキアドゥクラ・プラハ
1961年オマール・シボリイタリアユヴェントス
1960年ルイス・スアレススペインバルセロナ
1959年アルフレッド・ディ・ステファノスペインレアル・マドリード
1958年レイモン・コパフランスレアル・マドリード
1957年アルフレッド・ディ・ステファノスペインレアル・マドリード
1956年スタンリー・マシューズイングランドブラックプール

2008年以降はクリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシがほとんどの年で受賞していることが分かります。

逆に言えば、2人と同世代でバロンドールを獲得したルカ・モドリッチカリム・ベンゼマは、その2人を差し置いて受賞するほど素晴らしい活躍をしたということになりますね。

その他往年の受賞者を見ると、ロナウジーニョやジダン、プラティニなど各世代を代表する選手がバロンドーラーに選ばれています。

ちなみにバロンドールの呪いという言葉を聞いたことはあるでしょうか。

今までバロンドールを受賞した選手が属する代表国は、翌年のワールドカップで優勝できないというジンクスから呪いと言われるようになりました。

スクロールできます
受賞年受賞選手国籍W杯開催年結果
2021年メッシアルゼンチン2022年優勝
2017年C・ロナウドポルトガル2018年ベスト16
2013年C・ロナウドポルトガル2014年グループステージ
2009年メッシアルゼンチン2010年ベスト8
2005年ロナウジーニョブラジル2006年ベスト8
2001年オーウェンイングランド2002年ベスト16
1997年ロナウドブラジル1998年準優勝
1993年バッジョイタリア1994年準優勝
1989年ファン・バステンオランダ1990年ベスト16
1985年プラティニフランス1986年ベスト4
1981年ルンメニゲ西ドイツ1982年準優勝

2022年カタールワールドカップでアルゼンチン代表が優勝したことにより、ついにバロンドールの呪いという負のジンクスは破られました。

2023年にメッシはアメリカのインテル・マイアミに移籍しましたが、前年度のワールドカップでの活躍もあり、バロンドールを受賞しています。

ついにメッシも5大リーグ以外のクラブへ移籍し、今後の受賞可能性は極めて低くなったため、2024年以降は新たなニュースター達の争いが現実的とされています。

そもそもサッカーは団体競技の為、世界一の選手がいたとしても優勝できるとは限りませんよね!
リオネル・メッシはバロンドールもワールドカップも勝ち取り、個人としてもチームとしても世界一の称号を手にしました。

バロンドールの歴代受賞回数ランキング

スクロールできます
順位選手名国籍受賞回数受賞年度
1位リオネル・メッシアルゼンチン82009年
2010年
2011年
2012年
2015年
2019年
2021年
2023年
2位クリスティアーノ・ロナウドポルトガル52008年
2013年
2014年
2016年
2017年
3位ミシェル・プラティニフランス31983年
1984年
1985年
ヨハン・クライフオランダ31971年
1973年
1974年
マルコ・ファン・バステンオランダ31988年
1989年
1992年
6位フランツ・ベッケンバウアードイツ21972年
1976年
ロナウドブラジル21997年
2002年
アルフレッド・ディ・ステファノスペイン21957年
1959年
ケビン・キーガンイングランド21978年
1989年
カール=ハインツ・ルンメニゲドイツ21980年
1981年

こちらの表を見るとメッシの受賞回数が異次元であることが一目で分かります。

C・ロナウドが5大リーグ以外のクラブチームへ移籍したため、どれだけ活躍してもバロンドールに選ばれることは限りなくゼロに近く、メッシの記録を抜くことは厳しいでしょう。

とはいえメッシもマイアミのクラブチームへ移籍したことにより、2023年を最後に最多受賞回数を更新することはおそらくありませんので、C・ロナウドとメッシがサッカー界のトップに君臨する時代も一区切りついたことになります。

今後メッシの偉大な記録を抜く選手が現れるかは分かりませんが、キリアン・エムバペアーリング・ハーランドなど若手でメッシクラスの怪物は誕生しています。

現在サッカー界は一つの転換期を迎えていますので、新時代のエース達がメッシ、C・ロナウド級のインパクトを残し続けることができるか楽しみにしていましょう。

現在のサッカー選手ランキングは下記の記事を参考にしてください!

バロンドールとは?

概要詳細
表彰対象者UEFAに加盟するクラブでプレーしている選手
表彰場所フランス・パリのシャトレ座
表彰時期候補者は8月12日
表彰式は10月17日
対象期間8月から翌年7月までの内容
選考方法各国代表チームの監督と主将及び、
サッカー記者の合計約400名による投票

そもそもバロンドールとはフランス語で黄金の球を意味し、1956年にフランスのサッカー専門誌「フランス・フットボール」の専門記者であるガブリエル・アノ氏が提唱したことがきっかけで、欧州のみの年間最優秀選手賞が創設されました。

その後は1956年から1994年まで、欧州の中で活躍した選手だけが選ばれ続けます。

しかし、サッカーの神と呼ばれたペレやマラドーナといった南米の偉人たちに受賞の権利さえ与えられないのはおかしいとなり、1995年からUEFAに加盟するクラブでプレーしている選手がバロンドールの受賞対象となりました。

その後はロナウドやロナウジーニョ、カカといったブラジル人選手が欧州国籍以外の選手でバロンドールを手にしています。

バロンドールがフランス語で選考基準に偏りがあったのも、FIFAではなくフランスのサッカー専門誌が発端だからということですね。

もしかしたらペレやマラドーナが一度もバロンドールを受賞していないことに疑問を持った方もいらっしゃるかもしれませんが、当時は欧州の選手のみが選ばれていたということですね!

バロンドール発足当時から受賞対象が世界のサッカー選手全てであれば、最多受賞回数の歴史も変わっていたかもしれません。

FIFA最優秀選手賞について

バロンドールとは選考基準が違い、国際サッカー連盟FIFAが発足したFIFA最優秀選手賞というものがあります。

FIFA加盟国の代表監督及び主将による投票という形式が特徴です。

現在は、The Best FIFA Football Awardsと呼ばれています。

表彰の開催は基本2月に行われます。

スクロールできます
年度選手名国籍所属クラブ
2022年リオネル・メッシアルゼンチンパリ・サンジェルマン
2021年ロベルト・レヴァンドフスキポーランドバイエルン・ミュンヘン
2020年ロベルト・レヴァンドフスキポーランドバイエルン・ミュンヘン
2019年リオネル・メッシアルゼンチンバルセロナ
2018年ルカ・モドリッチクロアチアレアル・マドリード
2017年クリスティアーノ・ロナウドポルトガルレアル・マドリード
2016年クリスティアーノ・ロナウドポルトガルレアル・マドリード
2015年リオネル・メッシアルゼンチンバルセロナ
2014年クリスティアーノ・ロナウドポルトガルレアル・マドリード
2013年クリスティアーノ・ロナウドポルトガルレアル・マドリード
2012年リオネル・メッシアルゼンチンバルセロナ
2011年リオネル・メッシアルゼンチンバルセロナ
2010年リオネル・メッシアルゼンチンバルセロナ
2009年リオネル・メッシアルゼンチンバルセロナ
2008年クリスティアーノ・ロナウドポルトガルマンチェスター・ユナイテッド
2007年カカブラジルACミラン
2006年ファビオ・カンナヴァーロイタリアユヴェントス
レアル・マドリード
2005年ロナウジーニョブラジルバルセロナ
2004年ロナウジーニョブラジルバルセロナ
2003年ジネディーヌ・ジダンフランスレアル・マドリード
2002年ロナウドブラジルインテル
レアル・マドリード
2001年ルイス・フィーゴポルトガルレアル・マドリード
2000年ジネディーヌ・ジダンフランスユヴェントス
1999年リバウドブラジルバルセロナ
1998年ジネディーヌ・ジダンフランスユヴェントス
1997年ロナウドブラジルバルセロナ、インテル
1996年ロナウドブラジルPSV、バルセロナ
1995年ジョージ・ウェアリベリアパリ・サンジェルマン
ACミラン
1994年ロマーリオブラジルバルセロナ
1993年ロベルト・バッジョイタリアユヴェントス
1992年マルコ・ファン・バステンオランダACミラン
1991年ローター・マテウスドイツインテル

UEFA欧州最優秀選手賞について

UEFA欧州最優秀選手賞は、欧州サッカー連盟(UEFA)欧州スポーツ雑誌組合(ESM)が共同で主催しており、ヨーロッパのクラブチームでプレーする最も優れた選手に与えられる賞のことです。

ジャーナリストと、チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグに出場した80クラブの監督によって投票されます。

表彰は8月末のCLグループステージ抽選会の際に行われます。

スクロールできます
対象シーズン受賞者国籍所属クラブ
2022-2023年アーリング・ハーランドノルウェーマンチェスター・シティ
2021-2022年カリム・ベンゼマフランスレアル・マドリード
2020-2021年ジョルジーニョイタリアチェルシー
2019-2020年ロベルト・レヴァンドフスキポーランドバイエルン・ミュンヘン
2018-2019年フィルジル・ファン・ダイクオランダリバプール
2017-2018年ルカ・モドリッチクロアチアレアル・マドリード
2016-2017年クリスティアーノ・ロナウドポルトガルレアル・マドリード
2015-2016年クリスティアーノ・ロナウドポルトガルレアル・マドリード
2014-2015年リオネル・メッシアルゼンチンバルセロナ
2013-2014年クリスティアーノ・ロナウドポルトガルレアル・マドリード
2012-2013年フランク・リベリーフランスバイエルン・ミュンヘン
2011-2012年アンドレス・イニエスタスペインバルセロナ
2010-2011年リオネル・メッシアルゼンチンバルセロナ

2022-2023年には次世代を象徴するアーリング・ハーランドが受賞しています。

ハーランドは昨季、公式戦53試合出場で52得点と目覚ましい活躍。チームはリーグ優勝、FA杯優勝、欧州チャンピオンズリーグ優勝の3冠達成、誰だ見ても申し分ない活躍と結果ですね!

2022-23からバロンドールの投票ルールが変更されている

2022年3月、フランス・フットボールはバロンドールの選考ルールを変更すると発表しました。

実際何が変更になったのかというと、選考期間です。

今まではカレンダーの暦通りで、1月1日~12月31日の活躍を対象としていました。

しかし今後はシーズン毎、8月から翌年の7月までを選考期間として投票するようになっています。

つまり2023年のバロンドール表彰には、2022年カタールワールドカップの成績も反映されたということですね。

カタールワールドカップではアルゼンチン代表が優勝して最優秀選手にもメッシが選ばれていますので、忖度なしに総合的な判断でメッシがバロンドール受賞したということですね。

まとめ

いかがでしたか。

今回の内容をまとめると以下になります。

  • バロンドールの最多受賞者はリオネル・メッシ
  • 1994年までは欧州限定、1995年から全世界の選手が対象となっている
  • 各国代表チームの監督と主将及び、サッカー記者で投票するのがバロンドール
  • FIFA加盟国の代表監督及び主将により投票されるのがFIFA最優秀選手賞
  • ジャーナリストと、チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグに出場した80クラブの監督によって投票されるのがUEFA欧州最優秀選手賞
  • 2022-23からバロンドールの投票期間がシーズン毎に変わっている
  • C・ロナウドやメッシの時代は終幕し、2024年から次世代スターたちの争いが始まっている

似たような賞が3つあるのは分かりづらいですが、ひとまずバロンドールに輝いた選手がNo.1選手ということは覚えておきましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

サッカー経験10年・海外サッカー観戦歴14年の「guna」です。名前からお察しの方もいると思いますが、海外サッカーではプレミアリーグのアーセナルを応援しています。(アーセナルファンの名称がグーナー)
主にはプレミアリーグの試合を観戦しておりますが、長年のサッカー好きが高じて、3年前よりスポーツライターとして活動しております。「スポログ!」を通じて、スポーツへの関心や挑戦のきっかけになれれば嬉しいです。

目次