MENU
カテゴリー
おすすめサービス

海外テニス全米オープンの観戦チケット買い方おすすめ3選!実際の購入手順を紹介!

「海外でテニスを観戦したい!」
「全米オープンのチケットを日本から買うためには?」
「全米オープンのチケットをお得に買う方法が知りたい!」

今回はこのような声に応えていきます。

グランドスラムと呼ばれるテニスの世界四大大会のひとつに全米オープンがあります。アメリカのニューヨーク市郊外で開催される大会で、毎年8月に行われています。

女子テニスでは大坂なおみ選手や日比野菜緒選手、男子では西岡良仁選手やダニエル太郎選手など多くの日本人選手が世界で活躍しています。

そんな選手のハイレベルなテニスを一度は生で観てみたいと思いながら、海外で行われる大会のチケットをどうやって買うのかよく分からないという方も多いと思います。

そこで今回は、海外テニス全米オープンの観戦チケットについて、購入方法を詳しく解説していきます。

全米オープンのチケットを安全に買う方法を紹介します!

目次

全米オープンの観戦チケット 買い方・購入サイト3選

全米オープンの観戦チケットは、主に以下の3つのサイトから購入可能です。

全米オープン観戦チケットサイト特徴・値段について
①Sports Events 365
(スポーツイベント365)
値段が良心的で一般の方でも購入できる
シンプルで操作性が良い
②ワールドスポーツコミュニティ
(海外スポーツチケット手配サイト)
プランが複数あり、一般の方でも購入できる
日本企業が運営
③US Open Tennis公式サイト会員登録が必要
日本語対応しておらず、分かりにくい
海外テニスチケットサイトの選び方
  • 公式サイト or 公式チケット販売サイトから選ぶこと
  • 転売禁止のチケットを扱っていないこと
  • 良心的な価格で販売されているサイトから選ぶこと
    (定価を大きく超えるものはNG)
  • 返金保証があるサイトから選ぶこと
  • キャンセル規定が明確に記載しているサイトから選ぶこと
  • チケットを受け取りやすいサイトから選ぶこと

それぞれの購入方法を詳しく解説していきますね!

①Sports Events 365 (スポーツイベント365)

出典:Sports Events 365
運営企業Sports Events 365 ltd.
(キプロスのレメソス)
日本語対応
言語日本語対応
値段普通
特徴値段が良心的で一般の方でも購入できる
ジェネラルセールのチケットを購入可能
購入できる海外テニス全豪オープン
全仏オープン
全英オープン(ウィンブルドン)
全米オープン
購入できる
その他海外スポーツ
プレミアリーグ観戦チケット
ラ・リーガ観戦チケット
セリエA観戦チケット
ブンデスリーガ観戦チケット
リーグアン観戦チケット
UEFAチャンピオンズリーグ観戦チケット
UEFAヨーロッパリーグ観戦チケット
MLB(メジャーリーグベースボール)
NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)
NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)
NHL(アイスホッケー)など

Sports Events 365 (スポーツイベント365)はコンサートや音楽イベント、様々なスポーツなどの観戦チケットを販売するサイトです。

ポイントは、チケット購入だけでは終わらず現地で確実に試合を観戦できるようなサポートが充実している点です。他にも特約をつければ、2人分のチケットを予約する時に隣の席を確保できる並列席保証や手配保証などが利用できます。

海外サイトなので日本円での支払いは対応していませんが、日本語でのカスタマーサポートがあるのでなにかトラブルがあったり操作が不明だったりしても安心して購入できます。

全米オープンの試合チケットはもちろん他のグランドスラム四大大会のチケットも購入できます。また、MLBなどアメリカンスポーツのチケットに強く、世界の主要サッカーリーグのほとんどを網羅しているのも特徴です。他のスポーツチケットも買いたい方にも便利なサイトです。

初めて海外テニスのチケットを購入するなら、まずはこのサイトがおすすめです。

②ワールドスポーツコミュニティ (海外スポーツチケット手配サイト)

出典:ワールドスポーツコミュニティ
運営企業ワールドスポーツコミュニティ株式会社
(愛知県)
日本語対応
言語日本語
値段普通
特徴プランが複数あり、一般の方でも購入できる
ジェネラルセールのチケットを購入可能
購入できる海外テニス全豪オープン
全仏オープン
全英オープン(ウィンブルドン)
全米オープン
購入できる
その他海外スポーツ
プレミアリーグ観戦チケット
ラ・リーガ観戦チケット
セリエA観戦チケット
ブンデスリーガ観戦チケット
リーグアン観戦チケット
UEFAチャンピオンズリーグ観戦チケット
UEFAヨーロッパリーグ観戦チケット
MLB(メジャーリーグベースボール)
NBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)
NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)
NHL(アイスホッケー)など

ワールドスポーツコミュニティ (海外スポーツチケット手配サイト)は、海外のスポーツ観戦チケットを購入できる専用サイトです。

愛知県に本社を置く日本の企業が運営しているので、サイト内は完全に日本語なのが嬉しいポイント。もちろん問い合わせも日本語対応しているという安心感があります。また、メール問い合わせは24時間対応で、ほかにも電話や来店、LINE、Zoomオンラインなどの相談方法が設けられています。

テニスは全米オープンに加えて他のグランドスラム四大大会のチケットが購入できるほか、MLBや世界のサッカーリーグのチケットなども販売しています。海外のチケットを買うには、英語力に不安があるという方におすすめのサイトです。

相談方法が豊富で、日本語完全対応という安心感があります。

③US Open Tennis公式サイト

運営企業各チーム
アメリカ
言語英語
(日本語非対応)
値段安い〜普通
※種類によって観戦できるスタジアムや時間帯が変わる
特徴会員登録が必要
日本語対応しておらず分かりにくい

NBAの各チーム公式サイトからもチケットを購入できす。公式サイトからはそのチームのホームゲームのみ購入できます

全米オープンには3種類のチケットがあり、アーサーアッシュ スタジアム、ルイ・アームストロング スタジアム、グラウンドパス(GA:ジェネラルアドミッション)の順に価格が下がり、観戦できる試合の範囲が減ります。

観たい試合がいつ、どこのコートで開催されるかによって選ぶべきチケットの種類や座席が変わるので事前によく調べておくのが大切です。

アーサーアッシュスタジオ以外では自由席も販売されており、時間によってコートを移動したい方におすすめです。ただし先着順なので良い席を確保するには早めにスタジアムに向かうようにしましょう。

11時-19時のデイセッションと19時以降のイブニングセッションがあり、時間帯によってもチケットの種類は変わります。デイセッションの方が試合数は多く様々な選手を観戦できるメリットがあります。

簡単に公式サイトでの買い方を紹介します。

STEP

公式サイトにアクセスする

公式サイトにアクセスします。まずは観戦したい日程を選びましょう。その日販売されているチケットが一覧で表示されます。

US Open Tennis公式サイトへ

STEP

チケットを選択する

チケット名はスタジアムになっていますが、アーサーアッシュスタジアムチケットは他のスタジアムの試合も観戦できるなどほかのコートに移動することもできます。

アーサーアッシュとルイアームストロングを選ぶ場合は席を指定します。それぞれの席からの見え方を画像で確認できたりフィルターで料金を絞れたりする機能が便利です。

STEP

会員登録しチケットを購入する

チケット購入手続きのためには、チケットマスターというサイトに会員登録する必要があります。保険などの特約もここで選べます。決済が完了したら

公式サイトは定価で買える、信頼できるというメリットがあります。

そのチームの試合をまた観に行きたい!という方にもおすすめの購入方法です。

全米オープン 観戦チケットの実際の買い方・手順

全米オープンの観戦チケットを購入する実際の手順を解説します。

Sports Events 365を例に解説していきます!

全米オープン(グランドスラム)から、今後の試合一覧から観戦したい試合を選択します。

今回は例として「ルイ・アームストロング」のチケットを選びました。

チケットの種類は以下の3パターンあり、試合用コート4-16で行われる試合は全て自由席チケットで観戦できます。

アーサーアッシュ スタジアムアーサーアッシュスタジアムの指定席です。他のスタジアムの自由席での観戦もできます。
ルイ・アームストロング スタジアムルイ・アームストロングスタジアムの指定席です。他にグランドスタジアムの自由席でも観戦できます。
グラウンドパス(GA:ジェネラルアドミッション)ルイ・アームストロングスタジアムとグランドスタジアムの自由席で観戦できます。

即時確認のマークがついているものはその場でチケットの空きを確認できます。また試合時間は変更になる可能性もあるので注意しましょう。

観客席は大まかに分けると以下のような席があります。エリアごとに価格が異なるので試合の見やすさなどを考慮して選びましょう。

TOP DECKバックネット裏の4階席です。最も高い位置から球場全体を広く見渡すことができ、座ってゆっくり試合を観戦できます。チケット価格が安いことが多いです。
RESERVEバックネット裏の3階席です。
全体を広く見渡すことができ、座ってゆっくり試合を観戦できます。
LOGE2階席です。肉眼でも選手が見えやすく球場全体も把握しやすい席です。
FIELD1階席です。選手との距離が近く迫力ある試合を楽しめます。バックネット裏が特に良席で、すぐに売り切れる人気席でもあります。
CLUBいわゆるVIP席です。
1階席最前列のDugout Clubは最も選手の近くで観戦できる席です。ラウンジへの入場や軽食の無料サービスなど特典がつきます。

初めてなら比較的安価なTOP DECKか、選手が近いバックネット裏のFIELDがおすすめです。

買いたいチケットの枚数を選択します。

3枚以上のチケットが必要な場合、可能な限り一緒に手配するが、保証はできないとのことです。電話または電子メールにて連絡を入れるようにしましょう。

チケットの枚数を選択したら合計金額を確認して「注文する」を選択します。

注文内容が表示されるので間違いがないか確認します。

氏名パスポートに記載されている英語表記で、
名前と苗字の間にスペースを入れましょう
メールアドレスEメールアドレスを入力しましょう
電話番号電話番号を入力しましょう
旅行中の電話番号旅行中に使う電話番号を入力しましょう
居住国居住国を入力しましょう

氏名、メールアドレス、電話番号などの個人情報を入力します。電子チケットなので郵送されることはありません。

観戦者の氏名・国籍名前と国籍を入力しましょう
メモ席を隣にして欲しいなどの要望を記載しましょう

利用規約の同意が完了したら、決済へ進みます。

決済完了したら全米オープンの観戦チケットが買えます!

スポーツイベント365の買い方・使い方・注意点・よくある質問 全て解説しています

海外旅行をお得に楽しもう!

まとめ

いかがでしたか。

今回は、テニス世界大会の全米オープンについて、試合の観戦チケットが買えるサイトや実際の購入方法を解説してきました。

公式サイト以外のサイトでも日本語のカスタマーサポートが充実しているといったメリットがあるので、安心してチケットを購入できます。チケットの種類や買い方が分かりやすいサイトを選ぶのがおすすめです。

全米オープンの試合チケットは非常に人気が高いです。複数のサイトを確認しておくと、よりチケットが手に入りやすくなります。

一方でSNSや信頼できないサイトからチケットを購入すると、チケットが届かない、非常に高額な料金を払わされるといったトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

なにより、せっかく高い金額を払って現地に向かうなら、一生に一度しかチャンスが無いかもしれない全米オープンの生観戦を全力で楽しみたいですよね。安心して試合観戦チケットを買うなら、今回紹介した信頼できるサイトから購入することをおすすめします。

スムーズにチケットを手に入れて、世界トップクラスのテニスの試合を楽しみましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ゆるミニマルで心も体も健康な生活を楽しむ20代女子。運動音痴でも無理しないトレーニングを続けています。楽しくウォーキングしていたら何時間も歩けるほど好きになりました。満足できるヘルシー料理を練習中。

目次