MENU
カテゴリー
おすすめサービス
\ 楽天ポイント最大11倍! / 詳細を見る

【2024年版】Amazonプライムクレジットカードの年会費・還元率・ポイント付与率などのメリットについて紹介!

「Amazonクレジットカードって何だろう」
「Amazonをよく利用しているから、お得なクレジットカードがあったら教えて欲しい」

このようなお悩みを持っている方はいらっしゃいませんか。

実際にクレジットカードを作ろうと調べてみると、提供している会社や企業はたくさん存在します。加えて、クレジットカードの国際ブランドも様々あります。

自分にはどのカードが適しているのか、クレジットカードそれぞれの特徴がよくわからなくて悩んでしまいますよね。

近年所有する人が増えてきているクレジットカードの1つがAmazonクレジットカードです。

そこで今回はAmazonクレジットカードにフォーカスして、年会費や還元率、ポイント付与率など徹底的に解説していきます。

この記事を読めば、あなたにAmazonクレジットカードが合うかが判断できますよ!

\ 新規入会で4,000ポイント /

Amazon Mastercard (アマゾンマスターカード)
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • Amazonプライム会員になることで無料でグレードアップする
  • Amazonにおける買い物の還元率が高い
  • コンビニ利用の還元率が1.5%と高い
  • Amazonで1ポイント1円から利用できる
  • ETCカードや家族カードが無料で利用できる
デメリット
  • Amazonを利用していないユーザーは恩恵を受けにくい
  • ブランドはマスターカードしか選択できない
目次

Amazonプライムカード・クレジットカードとは?

Amazon Mastercard
(無料会員)
Amazon Prime Mastercard
(プライム会員)
年会費無料無料
還元率
(Amazonでのお買い物)
1.5%2.0%
コンビニでの利用1.5%1.5%
Amazon以外での利用1.0%1.0%
旅行損害保険年間200万円まで年間200万円まで
空港ラウンジサービスなしなし
電子マネーApple Pay
Google Payなど
Apple Pay
Google Payなど
ETCカード無料無料
家族カード年会費永年無料
3枚まで
年会費永年無料
3枚まで
Amazonプライム会員の料金と特典

Amazonプライムは年間プラン5,900円(税込)または月間プラン600円(税込)です。

  • 無料の配送特典
  • 特別取扱商品の取扱手数料が無料
  • Prime Video
  • Prime Videoチャンネル
  • Amazon Music Prime
  • Amazon Photos
  • Amazonフレッシュ
  • Prime Try Before You Buy
  • プライム会員限定先行タイムセール
  • Prime Reading
  • Amazon Music Unlimited
  • ベビー用おむつとおしりふきの15%OFF割引
  • Prime Gaming
  • 家族と一緒に使い放題
  • プライム限定価格
  • らくらくベビー など

Amazonクレジットカードは、Amazonが発行しているクレジットカードです。どなたでも作れるAmazon MastercardとAmazonプライム会員が持てるAmazon Prime Mastercardの2種類あります。

2種類のカードの違いとしては、Amazonポイントの還元率が異なり、その他のサービスや機能は同じとなっています。2021年のリニューアルに伴い、どちらのカードも年会費無料で利用できるようになりました。

併せて、デザインも刷新され、ナンバーレスのスタイリッシュなデザインになりました。Amazon Mastercardはシルバー、Amazon Prime Mastercardはブラックで用意されています。

Amazonの利用頻度が高い方にとってはメリットが多いクレジットカードです。さらにプライム会員になっている方であれば、Amazon Prime Mastercardにグレードアップし、プライム会員の特典に加えてポイント還元率が高くなります。

AmazonクレジットカードはAmazonの買い物をより便利でお得なものにできるクレジットカードと言えるでしょう。

Amazonクレジットカードを利用するメリット・デメリット

Amazon Mastercard (アマゾンマスターカード)
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • Amazonプライム会員になることで無料でグレードアップする
  • Amazonにおける買い物の還元率が高い
  • コンビニ利用の還元率が1.5%と高い
  • Amazonで1ポイント1円から利用できる
  • ETCカードや家族カードが無料で利用できる
デメリット
  • Amazonを利用していないユーザーは恩恵を受けにくい
  • ブランドはマスターカードしか選択できない

Amazonクレジットカードにはどんなメリットとデメリットがあるのか調べてみました。

それぞれどんなポイントがあるのか見てみましょう。

①Amazonプライム会員になることで無料でグレードアップする

Amazonプライムを利用している方は自動的にAmazon MastercardからAmazon Prime Mastercardへグレードアップします。グレードアップするために追加代金は発生しませんし、年会費も無料のままです。

大きな違いとしては、ポイント還元率が挙げられます。

通常のAmazon Mastercardの場合、1.5%の還元率ですが、Amazon Prime Mastercardは2.0%なのでよりポイントが貯めやすくなります。

②Amazonにおける買い物の還元率が高い

Amazonでのお買い物した際にAmazonクレジットカードを利用すると、ポイントが1.5%還元されます。

Amazon Prime Mastercardを持っている方であれば2%還元されます。

Amazonで買い物をするだけでポイントが高い還元率で付与されるので、すぐにポイントを貯まっていくシステムです。たくさんポイントを貯めたら、そのポイントを使ってまた買い物ができますね。

③コンビニ利用の還元率が1.5%と高い

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートのコンビニ3社でのお会計にAmazonクレジットカードを使用すると200円につき1.5%分のポイントが溜まります

多くの場合、提携しているコンビニの1つでのお買い物にポイントが付くかと思いますが、大手3社どのコンビニでも1.5%と高い還元率で得られます。

日常生活でコンビニを利用することが多い方にとってもポイントが貯めやすいカードと言えるでしょう。

一部ポイント加算対象外のものもあります

ポイント加算対象外の決済例)
  • 国民年金保険料お支払い分
  • モバイルPASMO、Apple PayのPASMOへのチャージご利用分
  • nanacoチャージご利用分
  • Edyチャージご利用分
  • SMART ICOCAチャージご利用分
  • 三井住友カードが発行するプリペイドカードの購入およびチャージご利用分
  • モバイルSuica、Apple PayのSuicaへのチャージご利用分
  • WAONチャージご利用分 など

④Amazonで1ポイント1円から利用できる

Amazonクレジットカードの利用で貯めたポイントはAmazonで買い物をしたときに利用できます。

1ポイントが1円として利用できるシンプルな仕組みです。

換算することを考えたりせずにわかりやすくなっており、利用する際も決済方法で利用したいポイントを選択するだけです。

一部商品で決済にポイントが利用できないものがあります

⑤ETCカードや家族カードが無料で利用できる

他社で提供しているクレジットカードの場合、有料や会員レベルなどで付帯できるETCカード。

Amazonクレジットカードならクレジットカードの種類を問わず、年会費無料で付帯できます。

また、家族カードは本会員1名に対して3枚まで発行できます。家族カードも無料で発行でき、本会員と同じサービスや機能を利用できるようになっています。本会員の方がプライム会員なら家族みんなAmazonの買い物がポイント還元率2%で楽しめます。

⑥Amazonを利用していないユーザーは恩恵を受けにくい

Amazonクレジットカードにはたくさんのメリットがありますが、Amazonを利用する機会が多い方ほどメリットが感じられます。

しかし、普段Amazonではあまり買い物をしない方にとっては高い還元率でポイントを獲得できず、ポイント利用もAmazon内に限られているので使いにくいクレジットカードかもしれません。

Amazonの利用頻度が高くない方は、Amazonクレジットカードへの入会はよく検討してからの方が良いでしょう。

Amazonポイントは譲渡や交換、換金は不可ですので、Amazonで利用する必要があります。

クレジットカードを作るなら、自分の生活スタイルに合っているものがおすすめです。

⑦ブランドはマスターカードしか選択できない

クレジットカードには様々な国際ブランドがありますが、Amazonクレジットカードで選べるのはマスターカードのみです。マスターカードでクレジットカードを探していれば、気にならない点でしょう。

しかし、すでにマスターカードを持っている方や他のクレジットカードブランドを希望している方であれば、Amazonクレジットカード以外を選択した方が良いかもしれません。

Amazonプライムカード・クレジットカード 口コミ・評価

Amazonクレジットカードの口コミ・評判について調べてみました。主に口コミ・評判をまとめているサイトはAmazon公式サイトです。

実際にAmazonクレジットカードを利用している方も多く、良い口コミは下記の通りです。

Amazonクレジットカード 良い口コミ

「Amazonをよく使うので、ポイントが貯まりやすくなった!」
「Amazonでの買い物が便利になった!」
「カードのデザインがスタイリッシュで良い。」

良くない口コミについては下記の通りです。

Amazonクレジットカード 良くない口コミ

「即日発行してもらえず、発行に時間がかかりました。」
「カードの利用明細が見にくかった。」

口コミ全体としては良好なものの、Amazonクレジットカードを作る際には気になる点も残ります。

クレジットカードの作成は利用のしやすさや信用問題も関係してくるので、入会の際はよく検討した方が良いでしょう。

通常、Amazonクレジットカードは最短5分で発行でき、その日からAmazonでの買い物に利用できます。

しかし、一部の方は即日発効できず、通常の発行となってしまい、セールやキャンページに利用できなかったようです。多くの人が申し込むタイミングや申込内容に不備があると、即日発行ができなくなってしまいます

Amazonクレジットカードに限らず、クレジットカードを申し込む際は注意しましょう

各クレジットカードのメリット、デメリットを確認して自分に合うか判断したうえで、発行まで余裕を持つように意識しておくと安心です。

\ 新規入会で4,000ポイント /

Amazonで還元率の高い他のクレジットカードは「JCBカードW」

JCBカードWの特徴
  • 39歳以下入会限定、年会費無料のJCBカード
  • 還元率 約1.0%の高還元率カード
  • スターバックスのオンライン入金でポイント11倍
  • セブンイレブン、Amazonでポイント4倍
  • Oki Dokiポイントは1,000円決済で2ポイント付与
  • 1ポイントあたり3~5円分相当。Amazonのレートは1ポイント3.5円。
    Amazonポイントに変換するなら実質の還元率はAmazon決済で約1.4%くらいと想定される
    ※「JCB PREMO」に交換することで1ポイント=5円分のレートで交換できるので、JCB PREMOでAmazonの買い物をすると還元率は2.0%となる。

Amazonクレジットカード以外にも、Amazonの利用で高還元率のクレジットカードがないのか気になる方もいるのではないでしょうか。

Amazonの利用でも還元率の高いクレジットカードの1つが「JCBカードW」です。39歳以下の方限定で入会できるクレジットカードです。39歳までに入会した場合は、40歳以降も年会費無料で利用できます。

通常カードを利用するとポイント2倍ですが、スターバックスやセブンイレブン、Amazonなどパートナー契約しているお店での利用はポイントが4倍以上も付きます。

貯まったポイントはJCB PREMOに交換して利用するのが最もおすすめです。購入時にはカード代相当の代金として、300円がプラスされるので注意しましょう。

月の決済で合計1,000円未満の端数はポイントがつかない仕様ですので、100円決済1ポイントより不遇なカードです。

Amazon Prime Mastercardと比べ、実質同じ還元率となりますが、少し手間がかかります。

Amazonで買い物するならAmazonクレジットカードが最もおすすめです。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、Amazonクレジットカードの年会費やポイント還元率といった詳細から、メリットとデメリットなど詳しく解説してきました。

2種類あるAmazonクレジットカードですが、Amazonをよく利用している方やプライム会員という方にとっては持っていると便利なカードの1枚になりそうですね。

普段からあまりAmazonを使わない方は高い還元率の恩恵は受けにくいので、わざわざAmazonクレジットカードを選ばなければいけないということはなさそうです。

Amazonクレジットカードを検討していた方はぜひ、メリットとデメリットなどを参考に入会を決めてみてくださいね。

\ 新規入会で4,000ポイント /

これでAmazonカードが自分に合っているか判断できますね!
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

元旅行代理店勤務の旅行が好きな20代OL。初めての海外旅行でフランスに行き、旅行が好きになりました。旅先では観光しているとついたくさん歩いています。最近、ヨガに挑戦してみました。

目次