水泳

瀬戸選手、混合メドレーのメダルの行方は?妻、馬淵優佳さん応援に駆けつける?!

ついに本日、世界水泳 4日目にさしかかりますね。

本日の見どころを見ていきたいと思います♪

瀬戸大也、メダル獲得なるか?!

本日(24日)、男子200mバタフライ 決勝が行われます。

そこで、瀬戸大也選手に注目しています!

瀬戸大也選手プロフィール

生年月日:1994年05月24日

年齢:25歳

身長:174cm

体重:75kg

所属:ANA JSS毛呂山

出身地:埼玉県

最終学歴:早稲田大 卒

□過去の実績

・2018世界短水路

・200mバタフライ 世界新記録2017世界水泳

・400m個人メドレー 銅2016リオ五輪

・400m個人メドレー 銅2015世界水泳

・400m個人メドレー 金2013世界水泳

・400m個人メドレー 金

数々の記録を保持しつています。

また、2017年にて世界新記録を保持しており、今回のレースには注目しています!

また、今回はじめて父として挑む世界水泳。

瀬戸選手の妻、馬淵優佳さんは美人

2017年に飛込元日本代表選手である、馬淵優佳さんと結婚。

そして昨年の6月には長女・優羽(ゆわ)ちゃんを授かっている。

今回が、父となって初めて挑む世界水泳の決勝種目です。

そういった点でも、注目しているところ。

父となって、一段と磨きがかかり実績もあるため、瀬戸大也選手が最も金メダル獲得できるチャンスのあるのが、このバタフライ200m競技!!

本当に楽しみです^ – ^

メドレーリレー決勝も見逃せない

もう一つの、見どころの一つ

男女混合4×100mメドレーリレーの決勝です。

東京五輪から新たに採用されるのが、この混4×100mメドレーリレーです。

男女の泳順は自由に選ぶ事ができ、この永順の駆け引きも見どころの一つ!

日本代表はどのような永順をえらぶのでしょうか?

現在、どの国でも主流になってきているのは、

1泳、2泳共に男子

3永、4永共に女子

上記のように、永順を組んでいるチームが多い。

理由としては、1泳、2泳共に男子を持ってくることで、先行逃げ切りを戦略立てて行っている。

個人的には混合んもっと面白くするのであれば交互にする方が、見どころがもっと増えるのでは?と感じますが、

これはこれで非常に楽しみです♪

日本代表チームでは

背泳ぎ:入江選手

平泳ぎ:小関選手

バタフライ:大橋選手

自由形:大本選手

上記の選手は世界水泳でメダルを獲得した経験のある選手です。

最終泳者に成長著しい大本選手を起用する可能性が高い。

これだけ層の厚いメンバーで挑めると思うと、こちらの競技でもメダルの可能性も十分にあります!